一日中ほとんど寝てた

会社でも微妙に風邪が流行っていることもあってか、やはり風邪を引いてしまったようです。熱はありませんが、喉がめちゃくちゃ痛い。今日は一日中寝込んでいました(来週のクリスマスカラオケ会大丈夫かな)。
それにしても、やはり家族の有り難みを一番実感するときが、この病気になった瞬間ですね。独身(ひとり暮らし)時代は、体調が悪かろうが足の指が骨折しようが、そりゃあもうひとりで何でもしなければいけませんから、相当切なかった覚えがあります。

さて、話は変わります。転職してから初めて年末年始を迎えますが、今回はまさかの9連休という長期休暇です。嬉しいですが、9日も会社休んでいたら復帰できなくなりそう。
そんなこんなで、連休明けの出社で体が重くならないためにはどうしたらいいかをネットで模索していると、まぁ出るわ出るわ、連休明けに対する憂鬱な思い。
やはり自分だけではなく、誰もが連休明けの出社を思うと絶望し、そして出社初日に感じる体への負担は半端ではないらしい。確かに連休明けこそ、通勤電車で見るサラリーマンは暗い顔をしている、気がする。

そんな中、面白いデータを発見しました。
死亡曜日・時間・月別の自殺の状況
なんと、驚きの曜日別自殺データ。
実際に自殺率が一番高いのが「月曜日」にあるようです。連休明けの憂鬱が命を奪うくらいの破壊力を持っていることが、データで証明されているのです。意外は意外ですが、まぁなんとなく分かる気もします。

自殺はやめよう、生きてこそ。

スポンサードリンク

関連記事
Category: 【独り言】

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する