【映画】縞模様のパジャマの少年

たまには感動する映画を見たいということで、会社の人からオススメ映画を教えてもらいました。
映画タイトルは『縞模様のパジャマの少年』です。
結論から言えば、見なきゃ良かったという感じの映画でした。

舞台は第二次世界大戦下のドイツ。
主人公・ブルーノ少年はユダヤ人強制労働施設(収容所)の所長の息子。
まぁ、ひょんな事から施設にいるユダヤ人の子供とブルーノ少年は友達になるのですが、感動どころかもう色々最後は酷くて、バッドエンドもいいところでした。
数年後、大人になった二人が笑顔で肩を組み合って歩いている、的なエンディングを期待しまくっていただけに、気の落ちようが半端じゃありません。

それを見た後に、録画しておいた『しろくまカフェ』を見たらとても幸せな気分になった。



スポンサードリンク

関連記事
Theme: DVDで見た映画 | Genre: 映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する