【水筒】蓼科山~北横岳Part2【凍る】

蓼科山~北横岳Part1の続きです。

20111121_58.jpg
双子山~北横岳ヒュッテまで。
とにかく風が強くて、真っ直ぐ立っていられないほどでした。

20111121_37.jpg
緩やかな坂を上って双子山へ向かいます。

20111121_38.jpg
強風でこんな形になってしまいました。

20111121_39.jpg
山頂付近はなだらかな平野のよう。

20111121_40.jpg
双子山山頂。

20111121_41.jpg
凄まじい勢いで流れる雲。

20111121_42.jpg
蓼科山を背に双子池を目指します。

20111121_43.jpg
40分くらいで双子池に到着。双子池ヒュッテも勿論休業。

20111121_44.jpg
こっちが1号で、

20111121_46.jpg
こっちが2号や。

20111121_45.jpg
双子池を背に大岳を目指します。

20111121_47.jpg
今回の登山で一番キツかったのが双子池から大岳へかけて。
まず道が分かりにくい。道無き道のような岩場を進んでいくのですが、赤いテープを見失うと即迷子になります。

20111121_48.jpg
また、岩と岩の間を飛び越えるというか、ちょっとアスレチック的な箇所もいくつかありました。
これ本当に合ってるのかな?と不安になりながら進みます。

20111121_49.jpg
振り返ると絶景。

20111121_50.jpg
寒さは相変わらず氷点下を下回っています。
水筒がカチカチに凍っていてフタが開かなかったです。

20111121_51.jpg
この辺りで迷子になります。
赤テープも無いし、どっちへ進んでいいのか分からなくなりました。
周りに誰もいない。仕方ないので5分ほど来た道を戻ることでテープを発見しました。良かった。

20111121_52.jpg
天狗のなんとか。やっと安心できる場所に出ました。

20111121_53.jpg
いよいよ昼飯です。私のバーナーが強風に耐えながら湯を沸かしてくれました。
寒い。寒すぎる。

20111121_54.jpg
うわぁあぁぁぁあああ!!

20111121_55.jpg
ちょっと迷子になったり色々していたせいで結構時間を食ってしまいました。
急いで北横岳へ。

20111121_56.jpg
大岳分岐点へ到着。
本当は大岳へ寄る予定でしたが、ここで寄ってしまうと16時に北横岳ヒュッテに着かなそうなので諦めました。
右手の北横岳へ進みます。

20111121_57.jpg
動き出せば体は暖かくなるのですが、止まっていると凍えてしまいます。

20111121_59.jpg
七ツ池が見えてきました。北横岳ヒュッテが近くにあるようです。

20111121_60.jpg
これが、北横岳!

20111121_61.jpg
最後に鎖場を越えて、

20111121_62.jpg
無事に、

20111121_63.jpg
北横岳登頂!!
最初から最後まで誰もいない!!
寂しー!!まぁ平日ですしね。

20111121_64.jpg
翌日、ここから日の出を眺めます。空気も澄んでいて実に素晴らしい景色。

20111121_65.jpg
本日の宿。
北横岳からヒュッテまでは10分ほどで到着しました。北横岳バッジをここで購入。
淡い期待を抱いて、山小屋の人に「蓼科山のバッジありますか?」と聞いたら「それはないね」と言われました。残念。

宿泊客は私の他に、ピラタスロープウェイでここまで来たご夫婦がいました。ここにきてようやく人に会えました。
蓼科山を経由せず、北横岳までならロープウェイを使えば1時間ほどでここまで来れるようです。
色々と話をして楽しかったです。3人で相部屋です。部屋にはストーブもあり、とても居心地の良い小屋でした。

20111121_66.jpg
ロープウェイで来たご夫婦は食事付きの宿泊だった為、小屋の主人が用意したスキヤキをつついていました。
隣で私はこんなしょぼい食事を。
涙が出そうでした。
パクパクモグモグ。
スキヤキのいい匂いがこちらへ流れてきます。
パクパクモグモグ。
涙、が、出そうでした!!!


蓼科山~北横岳Part3へ続く。

スポンサードリンク

関連記事
Theme: 山の風景 | Genre: 写真
Category: 登山写真

コメント

No title

気なっていたのですが強風の中自分の写真をどうやって撮っているのですか?
自分は怖くてカメラを一人に出来ないので・・・

自分は真冬に行ったため、池がすべて雪野原となっていました。
池ってこうなっているんですね。紅葉の季節とかもよさそうです。

食事つき小屋、本当に羨ましいですよね。
特に雪が降った日にテント張っていると、小屋の人影や食事の匂いが目に染みます。

2011/11/26 (Sat) 12:07 | 九部 #- | URL | 編集
No title

>>強風の中自分の写真をどうやって撮っているのですか?
三脚の高さを低くすれば風の影響を受けにくくなりますよ。私はマンフロットの小さい三脚を使っています。
↓これ
http://narisako.blog29.fc2.com/blog-entry-356.html
長めの三脚も持っていってるので、それを使う場合はザックや岩に固定したりします。
もちろん、強風の中でのタイマー撮影になるのでカメラの転倒は何度も経験があります(笑)

真冬の雪野原状態だとこれより寒そうですね・・。その中でテントなんて私には到底無理です。
カメラやコンバーター、三脚を多めに持っていくと、テントを持っていくのが億劫になってしまいまして、私はここ最近ずっと山小屋泊ですね・・。

2011/11/27 (Sun) 07:54 | なりさこ #ut/oHyOM | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する