ついに逝かれた

昨日の日記にも書いた相棒の『5D Mark2』が、本日修理サポートセンターに入院した。

最近、撮影途中にカメラとPCの接続が切れるという事が頻発していたのだが、とうとう本日は接続する事すらで出来なくなってしまった。
普段のらりくらりと仕事をしている私も、流石にこれは焦りを隠せなかった。
緊急対応として、カメラ内のカードに直接保存→カードリーダーにてPCに読み込むというアナログな手法を取るも、よりによって本日はビールの撮影という凶悪なコンボだった。(ビールの撮影は泡のコンディションに非常に気を使うデリケートなもの。)

なんとか無事に撮影を終え、閉店間近のCanon修理サポートセンター(銀座店)に急いだ。
重症の5DMark2を抱えながらサポートセンターに駆け込むその姿は、怪我をしたピカチュウを抱えてポケモンセンターへ向かうサトシの姿さながらだったに違いない。

センターにて修理の依頼をしたところ、料金は15,000円で仕上がりには一週間近くかかるとのこと。
USB端子の接触不良を直すだけで15,000円もかかると言うのだから驚きだ。対応してくれたおっさんによる価格設定では無いにしろ、足元を見すぎでは無いかと文句の一つも言いたくなる。
期間に関しても、何故仕上がりに一週間もかかるのかと問いただしたところ、『この季節は特に修理の依頼が多くてね!立て込んでるんだよね!』と、笑顔の回答。

季節に左右されてCanonユーザーのカメラが一斉に故障するとか一体どういう仕組みだよ!!と、ツッコミたくなったがそんな元気も無く、ただカメラが無事に戻ってくればと願うばかりだった。
会社のカメラと言えど、愛着もあれば長年連れ添ってきた相棒だ。それが故障したのだから落ち込み具合も半端では無い。
対応してくれたおっさんからは、『これだけ端子がグラグラしているのに、良くもまぁここまで耐え続けたもんだ。』と、お褒めの言葉を頂いた。確かに。3年以上(平日は)ほぼ毎日使い続けて、今回の修理が始めてというのは我ながら大事に使ってきたのだと思う。

今日は珍しく、元気が出ない。



スポンサードリンク

関連記事
Category: 写真の話

コメント

No title

カメラ大変ですね。
お疲れ様です。

早くよくなると良いですね。

そうそう。
この間写真に「ぽちぽち」が出るということで、クリーニングをすすめられましたが、行ってきてすっきり綺麗になりました。

行ってみるものですね。ありがとうございます。

2011/10/20 (Thu) 22:29 | 九部 #- | URL | 編集
No title

>>九部さん
ええ・・。しかし本日は6*7のブローニー撮影だったので助かりました。

おめでとうございます!改善して良かったです。
これから静電気によってゴミが入りやすくなる季節になるので、お互い気をつけましょう!

2011/10/21 (Fri) 22:53 | なりさこ #ut/oHyOM | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する