【映画】探偵はBARにいる

20110918n.jpg
大泉洋の映画を見たい!という事で、『探偵はBARにいる』を見に行きました。
私は大満足だったのですが、連れは矛盾点がありすぎて予想より微妙だったという感想でした。

この映画の主役に大泉洋は大ハマリですね。大泉洋と松田龍平のコンビは絶妙に面白いです。二人のやり取りで映画館内に笑いが起こるレベルです。
また、西田敏行という大物俳優をあんなチョイ役に使うなんて贅沢な映画だと思いました。
ストーリー自体は真面目なのですが、真面目に見すぎると突っ込みどころが満載なので、あまり真剣には見ない方がいいかもしれません。

また、相関図をきちんと把握し、頭の中で整理しながら見ないと取り残されます。なんせ展開が速い。
2時間という尺でどれだけ物語を纏めるかというのは大変だと思うのですが、とにかく詰めるだけ詰め込んだみたいな感じがしたのが残念でした。
にしても、私には続編が出てもいいくらいだと思えるデキでした。

これ、調べてみると『ススキノ探偵シリーズ』というシリーズモノの二作目なんですね。
小説も読んでみたいと思います。

 


スポンサードリンク

関連記事
Theme: 映画感想 | Genre: 映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する