息子の卒園式を撮った

2024-03-16-1.jpg

保育園に通う息子の卒園式があった。

カメラマンの手配ができなかったらしく、園児たち全員の撮影を私が行うことになった。保育園行事の撮影経験は、親として勝手に撮っていたことはあったけど、全員の子供をまんべんなく撮影するいわゆる「スクールフォト」系の撮影は意外と初めて。いままでのように適当に自分の子供だけを撮ってハイOKというわけにはいかないので割と緊張した。

持っていったレンズはNIKKOR Z 24-70mm F/2.8 SとNIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S。ボディはZ8一台。クリップオンもつけていった。

ボディを一台しか持っていかなかったのがまずかった。忙しない場面切り替えに、寄り引きのスイッチが必要だった。レンズの付替えが間に合わないシーンもあったりした。また、子供の動きがなかなか読めない。ブツ撮りや風景撮りばかりしてきた私には、移動しながら撮影という概念がなかったのでかなりヘビーだった。終始大忙しだったので正直子供の卒園を祝う暇はなく、ひと仕事終えた気分だった。

大変は大変だったけれど、勉強という点ではたいへん大きな学びもあった。もし次似たような依頼がきたら、もっとうまくやれる自信はある。ボディも2台持っていこう。子どもたちがいきいきと卒園していく姿を写真に収める仕事は、純粋に楽しくもあった。

とりあえず、卒園おめでとう。
 0

COMMENTS

ライフ