Instagramって難しい

2022-09-15.jpeg

Instagramが難しい。

自分が良いと思った渾身の一枚と「いいね」数が割と比例しない。適当に撮影した写真の方が「いいね」が多いことがよくある。つまり、自分の中の評価と客観的な評価に乖離がある。ここまで数字で差が現れると自分の感性を疑う。別に承認欲求を満たすためにInstagramをやっているわけではない。しかし、作品を見てもらう上でどのような写真が評価されるかは知りたい。これはカメラマンとして。

風景というジャンルは正解がない。わかってはいる。風景を十年以上撮り続けていても、正直全然見えてこない。何なら感覚や手応えが掴めないままシャッターを押し続けて現在に至る。機材だけが高価になって成長実感がない。虚無だ。

写真を撮っている最中も「こんなゴミ、誰が見るんだ?」と思いながらシャッターを押す時がある。「疲れたからもうこれでええわ」と諦めたハンパな写真も腐るほどある。そんなやっつけで投稿したときの方が反響がいい時が多い。なぜ。適当な写真を量産した方がウケるのでは?となる。それは危険な思考。

「おすすめ」に表示されやすいInstagram側のアルゴリズムなんかはきっとあるのだろう。ハッシュタグとかも、工夫すればきっと写真の露出アップにも繋がる。しかし、そんなことまでして人に見てほしいかと言われると違う。ていうか面倒くさい(一時期頑張ったけど)。「写真が上手くなる」のではなく、「Instagram(SNS)が上手くなる」は本末転倒。あまり踏み込みたくはない。

そもそも写真とは、自由な発想や感性でできる趣味なので好きだったはず。誰にも命令されないし、ルールを守らなくていいので楽しいものだった。なんかそういう原点に帰らなければいけないタイミングな気がする。

これってただのSNS疲れ的なやつ?

スポンサードリンク

関連記事
Category: 写真の話

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する