【写真】横浜マリンタワーがリニューアルしたので行ってみた

横浜マリンタワーが改修工事を終えて、約3年半振りに営業を再開した。リニューアルオープンだ。横浜民なら一度は行ってみたかった。今日はひとりの時間をもらい、機材フル装備で横浜マリンタワーに臨んだ。

■カメラ:Nikon Z6ii


■レンズ:NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S
■ISO:100
■焦点距離:17mm
■絞り:F22
■SS:1/40

入り口。工事中はまったく気に留めることがなかったけれど、営業再開した途端目立つ存在になっていた。撮影してから気がついたが、SS1/40はちょっと遅い。逆光なのでF22まで絞り込むと大分遅くなってしまうが、手ブレ補正が効いているのでなんとかなっているようだ。


■レンズ:NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S
■ISO:100
■焦点距離:14mm
■絞り:F16
■SS:1/80

縦構図でもランドマークタワーから日本丸まで収まる。こちらは昼過ぎ頃の時間帯。まだ忍者レフ(反射防止レフ)は不要だ。少し映り込みあるけど。


■レンズ:NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S
■ISO:100
■焦点距離:14mm
■絞り:F10
■SS:1/160

マリンタワーのシルエットが綺麗だったのでパシャリ。手前には高速道路、奥には横浜ベイブリッジが見える。天気が良くて遠くまで見渡せた。写真では切れてしまっているけれど、左にパンすればガンダムファクトリーが見える。近くで見るとあんなに大迫力のガンダムも、マリンタワーから見下ろとプラモデルのようだった。


■レンズ:NIKKOR Z 14-24mm f/2.8 S
■ISO:100
■焦点距離:14mm
■絞り:F18
■SS:1/30

横浜マリンタワーから眺める夕焼け。絞り優先モードで適当に撮っていて気がついたらF18だったけど、こんなに絞る必要絶対なかった。太陽が入っているからSSも早いだろうと思ったら以外に遅くて1/30。ちゃんと撮影中にも設定を確認しないといけない。これもミラーレスの手ブレ補正の力に助けられた。

ミラーレスになってからこの辺の設定が疎かになっている気がする。もちろん、撮影画像は再生→拡大してピントが合っていることを確認している。

一眼レフの場合は、「撮影→再生→拡大→ブレていたら設定をいじる」という流れだった。ミラーレスでは、最後の「ブレていたら」がほとんど起こらないので、再設定まで至らないことが多い。これがよくない。変な癖が付きそう。撮影前に必ず設定を確認することを忘れないようにしたい。

ちなみに横浜マリンタワーは日中の「デイチケット(10時〜18時)」と、夜景を楽しめる「ナイトチケット(18時〜22時)」でチケットが2種類ある。デイチケットを購入して、そのまま18時以降も居座ることができるかスタッフに確認したが、それは無理とのことだった。はい。残念。

タワー自体の感想としては、思った以上に高度感があって少し怖かった。常に少し揺れているのもちょっとある。でも横浜の景色を一望できてとても素敵な場所なのでぜひ一度は訪れてほしいところ。展望フロアにはトイレも何もないので、その点は要注意。次回はナイトチケットで夜景撮影を楽しもう。


スポンサードリンク

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する