一眼レフ撤退の日経報道、Nikonは「憶測によるもの」と否定

前の日記でNikonの一眼レフカメラの開発中止を書いたが、日経が発信したこの報道に対して「憶測によるもので、当社が発表したものではありません」と、Nikonが発表した。以下は公式HPのコメント。

2022-07-13-1.jpg


日経だから信じ切ってしまったが、本当にこういうのやめてほしい。あの記事だと、完全に生産ラインを止めるのだと勘違いする。

そもそも、一眼レフの新規開発は現時点で止めていることや、ミラーレスに注力していることは何度も決算で言ってきた。そこに、さも大事のように日経が大きく取り上げたもんだから、ユーザーとしては完全に生産が終了するという意味で捉えてしまう。

もし本当に生産が止まるのであれば、中古市場の買取価格が変動する可能性が十分考えられる。誰でも知っているような今更な情報をわざわざ大々的に取り上げることに、どういった意図があるのか甚だ疑問。ガッデム。

そうは言いつつも、流れは確実にミラーレスに移行している。これは事実だ。どのメーカーもミラーレスに力を入れる中、その伸びしろはまだまだあると感じているし、競争力も激化していくだろう。

そういえばデジタルではないけれど、亡くなった祖父が使っていたF60が防湿ケースの中に入りっぱなしだ。いつかこれでフィルムの本気撮影やってみたいな。

スポンサードリンク

関連記事
Category: 写真の話

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する