カメラマンが退職した

2021-07-30-1.jpg

と、いってもネガティブな理由ではない。

先月に続き、今月もカメラマンが契約満了につき退職となった。契約期間が終わってしまったので仕方がないことだが、どんな形でも人が去っていくのは本当に寂しいことだ。

技術的にも優れており、動画撮影の知識がない我々に色々と教えてくれた大変貴重な人物だった。会社を去ったあとも、付き合いが続けられたらいいなと思う。

退職する人は毎回エレベーターまで見送っているのだが、決まってその人の面接のときを思い出す。

長い廊下をエレベーターまで世間話をして歩いたことや、その話の内容、そしてエレベーターの扉を締めるときにこの人は頭を下げていたか、下げていなかったかまで、鮮明に思い出す。5年も前なのに、なんでここだけはしっかり覚えているのだろう。

今までありがとうございました。そしてこれからもよろしくお願いいたします。
 0

COMMENTS

ビジネス