カメラレンズ内の埃の影響と、除去方法

カメラ関係の質問で意外と多いのが、レンズ内の埃について。どこから混入したのかわからないけれど、意外とレンズの中には埃が入りやすいものだ。


レンズ内に埃が入る原因とは?

カメラのレンズというのは、使っていくとどうしても埃が入ってしまうもの。

そして、単焦点よりもズームレンズの方が入りやすい。

レンズ内に埃が入るのはズームの構造が原因だ。伸縮する度に空気が出入りするため、空気に混じってゴミが入り込んでいく。それが蓄積し、使用年数が長ければ長いほど、レンズ内部が汚れていくというものだ。

では、伸縮しない単焦点は一切埃が入らないのか?で言うと、全くそんなことはない。フォーカスリングが回ればレンズの中も動く(空気が動く)ので、摩擦が発生し塵が発生することもある。

あくまでも、単焦点はズームより埃が入り難いという温度感だ。

稀に、新品なのに埃が入っているレンズもある。しかし、製造過程で全く埃を入れないというのがほぼ不可能であり、かつ撮影に支障がほぼないことから、店舗に持ち込んでも交換対応にならないことも多い。新品・中古、いずれにせよ埃は必ず入るものと覚えておけばいい。

撮影への影響はあるのか

結論、「ない」とほぼ言える。

当然、何cm級のデカイものは当然影響は出るが、通常使用における混入程度なら影響しない。例を挙げると、たとえばメガネに埃がついていたとして、それが大きな影響になるかという話なのだ。

つまり、そんなに気にすることはない。が結論になってくる。レンズは消耗品であり、使えば使うほど劣化していく。「埃が入るのがイヤだから使わない」なんて考えに走りがちな方もいるが、それこそ本末転倒だ。

機械は使ってあげないと可哀想なのでガシガシ使っていこう。

埃がどうしても気になるのなら、たくさん使い込んでからメーカーに持ち込んで分解清掃をしてもらおう(レンズによって価格は変わるけど、数年前出したときは1万5千円〜2万円位かかったかな?)。

 

2021-01-30-8.jpg

ちなみに私のニコン純正 AF-P NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6E ED VRもこの通り。後玉の内側ど真ん中に大きな埃が入っているが、まったく写りに影響は出ていない。

金かけるのもイヤ!埃を放置するのもイヤ!という方は自己責任で

「気にするな」と言われても、やっぱり気になるという方は多いと思う。

最終手段として、かなり危険を伴うがラップで掃除機の吸引口とレンズを接続する形でぐるぐる巻きにして、掃除機で吸引(埃の位置を動かす)という方法が実はある。

これはカメラマンの先輩に教えてもらって一度だけ試そうとしたけれどやめた。先輩が言うのだから成功するパターンもあるのだろうけど、失敗して最悪機材が破損する可能性もある。

この方法は完全に自己責任でお願いします。最悪機材がぶっ壊れてもいいくらいの気持ちでやってください。

 0

COMMENTS

撮影機材