プロ女流棋士と勝負をした

2017_0724_1-1.jpg

会社帰りに大手町付近を通ると、将棋フェスティバルなるものが開催されていた。
プロに挑戦できる縁台将棋で、抽選で参加できるとのこと。

ここ最近、藤井四段などがニュースで取り上げられるようになったこともあり、
空禅の将棋ブームが巻き起こっているようだ。

2017_0724_1-4.jpg

せっかくの機会だから、挑戦してみようと私と先輩で、抽選の列に並んだ。
僅か30分ほどで驚くほどの大行列となり、こりゃー対局できないな〜と諦めていた。

2017_0724_1-3.jpg

が、まさかの当選。
高浜 愛子さんという女流2級棋士と対極することになった。
ここまできて、非情にビビってしまう。

周囲を見渡すと、結構このイベントのために来場しているガチっぽい人もいる中で、
通りすがりの素人が軽いノリで対局して良いものなのか。

2017_0724_1-2.jpg

他の人の対局を遠目から眺めてみるも、まったく展開がわからない。
やはり私は来るべきではなかったのでは。

2017_0724_1-5.jpg

そして、いざ対局。4枚落ちでの勝負だ。

かなり緊張してしまい、途中で頭が真っ白になりつつも、なんとか打っていった。
女流棋士の動きが時々止まり、考え込むようなシーンもあったのだが、
きっとあれは私が意味不明すぎる手を打ったせいかもしれない。

すみません。
その意味不明な手は、やることがないからとりあえず前に進んどけって手です。
あなたがそこまで深く考えるようなものではありません。

そう心のなかで唱え、ビビりながらの対局はおよそ1時間で終了した。

結果は、私の勝ち。
だが、正確には勝たせてもらった。

どうしたら詰むことができるかや、戦術を教えてもらいながらの将棋だ。
間違いなく、真剣勝負ではない。それくらい私にだって分かる。
対局後は、私のおバカな手に対しても、ダメ出しすることなく優しくフォローいただいた。

私なんかに時間を割いてくださって、本当にありがとうございます。
軽いノリで参加してしまった自分に反省しつつ、
久しぶりに、将棋を勉強し直してみようかなと思えた。
 0

COMMENTS

【独り言】