バースデー富士山デー(2日目)

View this post on Instagram A post shared by Sako (@narisakoz)■カメラ:NikonD780■レンズ:24AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR■ISO:100■絞り:F18■シャッタースピード:120秒■フィルター:ND10002日連続で車中泊はやっぱりちょっと体が痛くなる。朝起きると、辺りは霧に包まれていた。少しだけ撮影することができたが、やっぱり霧が濃くて富士山は隠れ気味。午後から快晴の予定だったが、午前中には帰宅せねばな...続きを読む >

【ドローン】練習場で飛ばす

先日もドローン練習場へ足を運び、2時間ほど飛ばした。なめらかな動画を撮るためにはとりあえず基本的な動作はできるようになっておきたい。この辺の動画を見て、一通りできるまで練習してきた。結果、動画に紹介されている18テクニックはできるようになってきたのだが、(1)前進しながら(2)カメラをチルトアップさせつつ(3)上昇する。など、3つの動作を同時にやるのがまだ慣れない。どの動作も一定の速度でやらないと絵と...続きを読む >

【ドローン】DIPS申請メモ

ドローンを飛行させるための国土交通省への事前申請、通称DIPSを申し込んだ時のメモを残す。第三者の人や物件が30m以内に存在する場合、そして人口密集エリア(DID)で飛行させる場合は許可がないとまず飛ばせない。ドローンを業務で使うのであれば必要不可欠な申請だ。堅苦しいものかなと想像していたけれど、解説動画を見ながらやっていたらそんなに難しくはなかった。機体登録から本人登録、そして機体の様子を写真で添付するな...続きを読む >

【ドローン】テスト飛行/マスターショットのテスト

お先に今回のテスト動画今回マスターショットを使用して撮影〜編集まで行った動画を3つほど載せる。私のようなド素人でもここまでできるなんて、DJI恐るべし!!いざ初フライト!今日はDJI AIR 2Sの初フライトテスト!しっかりプロペラガードをつけて万全の体制で挑んだ。離陸!やはりトイドローンとは全く音が違う。迫力があって凄くカッコいい。本日の目的は手動操作と様々な撮影モードを試すこと。前日の台風の影響か、この日は...続きを読む >

【ドローン】初フライトに向けて準備

いよいよ明日はドローンDJI AIR 2Sの初フライト。忘れ物があってはならんということでメモを残す。・DJI AIR 2S 本体・プロポ(要充電)・バッテリー×3(要充電)・プロペラガード・充電器・microSD×2(要充電)・スマホ(要充電)・モバイルバッテリー(要充電)・ノートPC(Mac)(要充電)・カードリーダー・ペンとメモ帳・予備のプロペラやコード類・帽子とサングラスバッテリー3本ってこれ絶対足りないから現地で電源借りるし...続きを読む >

【ドローン】わかっちゃいたけど色々と障壁が高い

ドローンのことを学べば学ぶほど、「ただ飛ばすだけ」の障壁の高さを知ることになる。機体と資格を手に入れて終わりではなく、DIPS、FISSへの申請、保険加入、自治体などの飛行許可、可能であれば地元警察への事前連絡など、とにかくやることが多い。慣れてしまえばどうってことないのかもしれないけれど。※DIPS:航空法に基づく無人航空機の飛行に関する許可・承認申請や各種報告等を行うことができるシステム※FISS:いつ・どこで...続きを読む >

【ドローン】DJI Air 2S Fly More コンボを購入した

Amazonから大きなダンボールが届けられた。その中身は、ドローンだー!品名はDJI Air 2SのFly More コンボセットというモノ。今年出たばかりの最新モデルなのだ。すぐ最新モデルに飛びつくのは本当に良くないと思うんだけど、ドローンスクールの講師からこれを薦められた。登山でもいつか使いたいことや、機体の安定性など総合的に見てこの期待がベストとのこと。一般的なドローンでは標高が高い山岳地帯で飛ばすと風に流されてし...続きを読む >

ドローンの資格を取るために

最近仕事に変化がなく、新しいスキルを身に着けたい欲と仕事の幅を広げたい欲が高まってきた。その答えが、ドローン(空撮)だ。ドローンはいつかやれたらいいな、なんて漠然と思っていた。しかしきっかけもなく、このままモタモタしていたら一生やらない感じになっていた。というわけで、早速JUIDA認定の「無人航空機操縦技能証明証」を取得すべく、土日で泊りがけの強化講習に参加することにした。いまのドローンには基本的に複...続きを読む >

朝顔

娘が育てていた朝顔の今朝の様子。連日の猛暑&雨のコンボでダメになっていたかと思っていたけれど、キレイに咲いていた。...続きを読む >

ストックフォト、噂通り審査の差が大きい

あれからチマチマとAdobe StockとPIXTAに素材写真を提供している。やはり、というべきか噂通りではあるが、サービスごとに審査の差が出ている。いまのところ、PIXTAの審査通過率は100%。対して、Adobe Stockは85%に留まった。たとえば、Adobe Stockで落ちたのはこちらの涸沢カールの写真。落ちた理由には、「いくつかの技術的な問題が見つかったためコレクションに追加することができませんでした」と書かれており、具体的な問題が...続きを読む >