父からの電話

親父から電話があった。

『今すぐメモの用意をしてくれ』

いきなりそんなこと言うもんだから急用かと思い、急いでメモを用意する。

『これから言う番号のメモをとれ』

親父は三桁の数字を三回、計9つの数字のメモを要求した。
この数字は一体なんなのだ。
親父が身に危険を覚え、急きょ長男である私に大事な金庫の番号でも教えたのだろうか。

『それ、お父さんのパズドラのIDだから。登録しといてや』


登録した。

スポンサードリンク

関連記事
Category: 【独り言】

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する