金田一少年の事件簿 悲報島 新たなる惨劇

『金田一少年の事件簿 悲報島 新たなる惨劇』という、PSのゲームをプレイしました。
連れの家にあったゲームで、何故かプレイする事に。
なんと、このゲームの発売日は1996年の11月29日だそうです。ということは、今から約16年前のゲームになります。なんてこった。16年前だって。

このゲーム、『金田一少年の事件簿』初のゲーム化として一時話題になったそうですが、当時から高すぎる難易度と、悪すぎる操作性から、なかなか良い評価が出ていなかったようです。
プレイしてみて実感。

なるほど、これは、確かにやり難い。
ゲーム内容自体も、かなり本気で推理をさせられるので頭を使います。

グッドエンディングを迎える為には、何度も無意味と思われる行動をとらなければならないし、普通にプレイしていたら有り得ないような行動を取らなければいけません。
そんなこんなで一度ミスってバッドエンディングを迎えてしまい、最初からやり直すハメに。美幸からキツイ罵声を浴びせられます。

二度目でようやくクリアできましたが、昼から始めて時計を見たら22時を回っていました。時間かかり過ぎワロエナイ。
攻略サイトを見ながら探偵ポイント100点を目指そうぜ!という目標を立ててプレイしたのですが、何故か97点でした。本気で悔しい。

20120929.jpg
推理パートとアニメはなかなか楽しめました。
もう二度とこのゲームはやらないと思いますけどw

スポンサードリンク

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する