写真とかカメラ雑記

洗顔料で歯を磨き、歯磨き粉で顔を洗ってしまった。
私はもうダメかもしれません。
仕事先のクライアントが良い人過ぎて死にそう。


■ニコンデジタル一眼レフD5100発表
D5100製品ページ
D5100が発表されました。画素数は16.2メガピクセルで、視野率は上下左右共に約95%。
D700しかり、何故に視野率95%なんでしょうか。5%上げるだけでも技術的に難しい事なのかもしれませんが、物撮りをメインとしていると視野率95%は地味にストレスを感じます。視野率100%のD300大勝利。

正直言って横開きのバリアングル液晶モニターは要らないと思います。個人的にですけど。あのモニターがあるだけでチープなビデオカメラを扱っているように思えてどうにも好きになれないんですよね。
低アングル姿勢で撮影をする時は便利なのかもしれませんが、すぐにバキッといってしまいそうで・・。私がニコンが好きな理由の一つに、『ボディのタフさ』があります。このモニターによって強度が落ちてしまわないか。それが心配です。つーか店頭で弄ってから言えって話ですね。
発売日は今月21日です。


■ニコンズームレンズ型タンブラー発売
ニコンダイレクト(製品ページ)
今月9日、ニコンのオンラインショップでズームレンズ(24-70mm)型のタンブラーが発売されました。価格は3,000円です。
このタンブラー、色や形状(現寸サイズ)は勿論、質感にもリアリティを追求しているそうです。蓋もレンズキャップになっていて、非常に凝った作りです。残念ながらニコンのカメラボディに装着はできませんが(当たり前か)。
この情報を見た瞬間、ニコン好きの私は光の速さで注文しようと思いましたが、既に欠品。
次回入荷は未定だそうです。ショボボーン。


■1*1*1.5mmのカメラ
約 1 立方ミリメートルのカメラ(/.j)
ドイツの研究機関が大きさ1*1*1.5mmのカメラを開発したそうです。
内視鏡への応用が見込まれているカメラで、画素数は6万程度です。従来の小型カメラと比べて生産コストが非情に低く、使い捨ても可能になるレベルらしいです。
まぁ内視鏡カメラ(中継動画)だと思うので、写真と関係無いのかもしれませんどね。面白い記事だったので。


■ダンボーの写真が可愛すぎる件について
ダンボーとは漫画『よつばと!』に登場した段ボール製の気ぐるみだそうです。私は『よつばと』を読んだ事が無いので知らないんですけどね。
そのダンボーのフィギュアがリボルテックから発売されていて、その写真が可愛いのなんのって。探してみたらダンボー写真を掲載しているサイトがいくつかあったのでリンクをぺたぺた。
10代の写真家,アリエル・ナデルの写真
《よつばと》ダンボーと風景の写真集
リボルテック・ダンボーのかわいすぎる写真集

AmazonでダンボーのAmazonボックスバージョンの価格を調べたところ、意外と安い。次回の入荷は大・小共に5月30日になるそうです。
どうやらかなりの人気商品らしく、今回も再販らしいです。
人気マンガ「よつばと!」の「ダンボー」が待望の再販決定!
そして気が付いたらポチっていました。しかも大・小両方です。
またもや大人買い。今週末はジェフティのリボルテックも届くし、最近散財し過ぎな気がします。

 

スポンサードリンク

関連記事
Category: 写真の話

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する