画面越しコミュニケーションの難しさ

2020-07-28.jpg

リモートワークには随分慣れてきたけれど、ここにきて画面越しのコミュニケーションは非常に難しいと感じている。回線が重いときはカメラをオフにするのだが、そうすると相手の表情が読み取れなかったり、目の前にいればササッと図に書いて説明できることも、できなかったり。

確かに便利ではあるが、物理的なコミュニケーションと同等かと言うと、まったくそうではない。そして、これに慣れることで相手が若干バーチャルな存在に思えてくるのも危険だ。パソコンを閉じれば仕事が終わる。気持ちも一瞬で切り替えられる。まさに、オンラインゲームからログアウトするような感覚になるときもある。

スポンサードリンク

関連記事
Category: ビジネス

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する