急激な円安にビビる

2020-02-25.jpg

20日のドル/円は一段と円安が進行し、112円前半まで上昇した。ここに来て急激な円安に、かなりビビっている。この円安は昨年4月以来の高値だ。ここのところ平均しても0.5円ほどしか上下していなかったのに、僅か2日で約2.5円も円安が進行してしまっている。

界隈では、これまでの「リスクオフ=円高」とは違うパターンとのことで、日本の景気後退を示す円安なのだとか。事実、消費税増税が導入されてからというもの、日本のGDPは前期比年率で5%以上(だったかな?違っていたらごめんなさい)マイナスに落ち込んでいる。

そして新型コロナウイルスの影響による外国人観光客の激減や、各所でのイベント中止などでさらに悪化する恐れもある。コロナはこのまま進行してしまうと、最悪オリンピックの開催にまで影響してしまうという話もあり、日本全体の不安が目に見える形で表れるようになってきた。どうなる日本!どうなる日本市場。いまの豊かな暮らしがいつまでも続くなんて、そんな温い考えは捨てて現実を見ていこう。

スポンサードリンク

関連記事
Category: ビジネス

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する