「ブログ見ました」というプレッシャー

2020-01-22__.jpg

会社の人に「ブログ見ました!」と言われるとドキッとする。

このブログは誰に見られてもいいようにオープンにすることをモットーとしているので、「URLを教えてほしい」と言われれば教えているし、人伝いで広めてもらってもまったく構わない。いままでも社員間の又聞きでこのブログが広まったりしているが、それも全く気にしていないし、何も問題が起こらないようなことしか書いていない。

広まることはどうでもいいと思っている一方で、不意に「ブログ見ました!」と言われると、逆に申し訳ない気持ちでいっぱいになってしまう。

理由は、閲覧者に対するメリットが皆無だからだ。ライフハック的なお役立ち情報があるわけでもなく、自分の恥ずかしい生活やゲームの記録がただ綴られているだけの、まさにチラシの裏。

だからそんなキラキラした目で「見ましたぁ!」って言われると、罪悪感で押しつぶされそうになる。だってマジでテーマも無いし、意味わかんないんだもんこの日記。

一応会社では管理職という肩書なのに、ブログではこんなにくだらないことばかり書いているのかと、呆れられてしまうのでは。という不安にすら駆られる。いや本当にいいんだけどね全然見てもらって。でも、これ以上本当に何もないんだよごめんなさい(死)。

スポンサードリンク

関連記事
Category: 【独り言】

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する