【映画】ミュウツーの逆襲 EVOLUTIONを観た

2019_0715-1.jpg
(あれ、なんか写真がすごい下手クソ)

今日は娘と映画ポケモン「ミュウツーの逆襲 EVOLUTION」を見にいった。本作は、名作と名高いポケモン劇場版第1作の、完全リメイク作品。実は、元となる「ミュウツーの逆襲」を見たことがなかったこともあり、ぜひ見に行きたい作品だった。

フルCGでゴリゴリとポケモンが動き回るのはとても可愛かったし、バトルもアツかった。ただ、映像のほとんどが暗かったこともあり、娘は「こわい〜」と口にして、ブランケットで顔を隠すことが何度かあった。アニメではなくCGなだけあって、ミュウツーも普段より凶悪に見えてしまったらしく、面白さよりも恐怖を感じてしまったようだ。

そんなトラブルもありつつだが、ポケモン映画としては非常にシンプルにまとまっていてとても良かった。最後の方でサトシがあんな風になってしまうところのツッコミどころ以外は、素直に楽しめた作品だ。

「原点にして最高峰」のキャッチコピーに相応しい作品ではなかろうか。子どもだけでなく、大きいお友達も、おっさんも、ポケモンマスターを目指したあの頃を思い出しながら、しっぽりと世界観に浸ることができるだろう。

スポンサードリンク

関連記事
Theme: 映画 | Genre: 映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する