【ハースストーン】クラス毎のアイデンティティー

2019-06-24_2.jpg

ハースストーンがリリースして約5年。私がプレイを始めて約3年。あっという間だったけれど、思い返すと本当に環境が劇的に変化してきたと思う。開始当時は、まだスタンダードとワイルドが別れていない時代。旧神のささやきの拡張にドキドキしながら課金したことを、いまでもよく覚えている。

そんなハースストーンが、クラスごとのアイデンティティーを改めて解説し、今後のクラスの展望についての考えを発表した。

開発者の洞察: クラスのアイデンティティー、栄誉の殿堂、新クラシックカード

思い出したけど、どれが自分に向いているのかわからないから、とりあえず全ヒーローで500勝(ゴールデン)するか、といった軽い気持ちで目標を立てていた。で、あと2ヒーローとなったところで、もう自分は完全にメイジが向いているなと結論が出ていた。

呪文を軸として戦うメイジは、あらゆるシーズンにおいて汎用性がありすぎるという持論だ。ミニオンとは違い、状況に応じて呪文を複製したり、発見できたり、秘策を撒いたり、とにかくすべてのクラスに対して対策ができるように思える(実際はそんなことないのかもしんないけど)。

当然、好みの問題もあるだろう。しかし勝利して一番気持ちいいのはメイジを使ったときなのだ。でもそれってとても大事なのだと思う。勝利したときの快感や体験って、アドレナリン的なものが多く出るのだと思う。それがモチベーションになったり、勝利への執念になったりするのかも。

ともかく、これからもハースストーンの新しい展開に期待する。

スポンサードリンク

関連記事
Category: 【独り言】

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する