責任

『誰かの為に』作ったツールのつもりでも、作った人にはその責任があります。
そのツールを与えられた側はそれを使います。
作った側がそれを使用しないとしても、ツールを与えられた側は使います。

作った側が責任を問われた場合、自分は作っただけで使ってないから無罪。ということにはなりません。
現に、ファイル共有ソフトであるWi○nyの製作者は逮捕されています。
要するに、作る側の責任問題です。

作るものは規律と常識の範疇で製作者が判断するべきです。常識の範疇ではない場合、如何様にリクエストがあったとしても、それを作らなければ良いのです。

そこで判断が出来る人であれば、そこでセーブできます。判断できない人は、大人では無いということです。子供のちょっとした悪戯心でやってしまった事が、大きな問題に発展する事もあります。

そういった判断をできるよう、努めたいです。

スポンサードリンク

関連記事
Theme: 本日の日記 | Genre: 日記
Category: 【独り言】

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する