【ハースストーン】やっぱりローグナーフきた

2019_0522-1.jpg

現環境で猛威を奮い続けているローグが、ついにナーフされた。されると噂はされていたが、まさか「段取り」まで影響を及ぼすとは思ってもいなかった。

カードのバランス調整アップデートの実施(公式)

以下、原文ママ。
===
ゲームデータの評価、そして現在人気の高い各デッキに関する内部および皆さんからのご意見を鑑みた結果、ローグの各デッキのパワーレベルおよび総合的な人気、そして「文書管理官エリシアーナ」の特定の相互作用を見直すため、5月23日(日本時間)に予定されているアップデートにて調整を実施します。

ローグデッキを中心にメタが固定化してきていることから、このアップデートでは主にこの一クラスに関する調整を行うことを決定しました。現状で、ローグに対して強いデッキを組もうとすると、現実的な選択肢はウォリアーだけです。しかし比較してみると、ウォリアーの各デッキのマッチアップは有利不利が様々で、メタでローグの人気を上回れるとは言えません。他にも強くて人気の高いデッキ群(トークンドルイド、召術師メイジ、メカハンター)が存在していることは認識していますが、これらもマッチアップが多様であるため、今回のアップデートではこれらのクラスの調整は見送ることに決定しました。

これらのデッキのいずれかが新たに突出したとしても、対抗できるデッキが多種あるので、メタは変遷し続けていくはずです。いつもと同様、今回の変更の適用後は、数週間監視を続けて影響を評価しますし、皆さんからフィードバックをいただけることを期待しています。
===

自分も実際にテンポローグを使っていたのだが、「段取り」からの「ぶんどり部隊」のコンボがとにかく凶悪すぎる。マリガンでこの2枚を引いてしまったものなら脳汁ものだ。

しかし、「段取り」までナーフはちょっとどうなんだろう。クラシックだしやりすぎ感が否めない。ぶんどり部隊のコストを2つ上げるくらいでいいと思った。

クラシックの弱体化は、ゲームの全体バランスが壊れてしまうので慎重にやらなければならない。「練気」と「野生の繁茂」を取り上げられて、ミニオンを押し付けることくらいしかできなくなったドルイドさんのような未来にならなければ良いのだが。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する