【ドラマ】緊急取調室がクソ面白かった

2019-04-29.jpg


Amazon Prime Videoで「緊急取調室」のシーズン1を見た。現在進行系でテレビドラマでやっているのは知っていたけれど、過去作があるとは知らなかった。警察モノは大好きなので色々見てきたのだが、取調室にフォーカスされたものということだったのであまりアクション的な派手さを期待できなかったことからスルーしていた。

しかし、無料で見れるというのなら話は別だ。これを機にちょっとだけ見てみようと思ったら、もうめちゃくちゃ面白くてやばかった。予想していた通り、やりとりの多くは取調室で行われるのだが、その内容が心理戦的な描写で実に考えさせられるものが多い。

また、1話1話の完成度が高いのもポイントが高い。連続警察モノのドラマって、中だるみしたり、クソなエピソードやトリックがチープになる回が、どんなものにもあったのだが、緊急取調室にはそれが一切ないのだ。俳優たちも素晴らしいし、昨年亡くなられた大杉漣さんの演技もまたアツいものがある。

「そりゃドラマだからね」と思えるような事件とか、登場人物とかももちろんいるけれど、それを含めて現実社会にこんなやりとりが日常的に行われているんだなぁと思うと実に感慨深い。

人は嘘をつかなければならないシーンが、誰しもあるのだろう。そんなとき、自分だったらどう判断するのか?そう思いながら、じっと画面を見つめながら夜を過ごす。


スポンサードリンク

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する