【海外ドラマ】ジャック・ライアン

2018_0909.jpg

Amazon Prime Videoで「ジャック・ライアン」を見た。

これまでライアン映画は何本か見たことがあったのだが、
初のドラマ作品として注目を集めていた本作。
しかもAmazon Prime Videoで見ることができると話題になっていて、
私もかなり期待を寄せていたのだ。
先月の公開からチマチマと見進め、本日ようやく全て見終わった。

簡単に話を要約すると、CIAで分析管を勤めるジャック・ライアンが、
世界中の金の動きを監視するのが仕事。
で、不審な金の流れに気づきテロリストとの関連性を調べていく。
そんな安全なデスクワークの仕事のはずだったのだが、
物語が進むに連れて世界規模のテロ組織とドンパチを繰り広げるという
とんでもなくスケールの大きいドラマだ。

Amazon Prime Videoのオリジナルってことで、
最初はどこまでのクオリティか不安だったのだが、
毎月数百円の金額で、このレベルの海外ドラマが見れるのなら、
マジで安いものだと思った。

ジャック・ライアン作品の中では、「レッドオクトーバーを追え」が、
一番面白く記憶に残っているのだが、それに次ぐ作品と言ってもいいかもしれない。
常にハラハラさせられたし、8話という話数がちょっと短く感じてしまうほどだ。

とはいえ、ダラダラ24やプリズン・ブレイクみたいにやられても困るので、
まぁこれくらいが飽きずに見れる話数なのかな。

テロ問題を真剣に考えることもできたりするので、
「なんか面白い海外ドラマないかな?」
と探している人に間違いなくおすすめできる1本だった。

スポンサードリンク

関連記事
Category: 映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する