マザ〜ズ(笑)な夏枯れ相場

2018-06-10.jpg

このところ日経平均株価は大きく下落を続けている。
マザーズも3桁が当たり前になってきたし、
いや〜、今年から相場を始めた人は本当に運がない思う。

この要因はいろいろあると思うけれど、
やっぱり日銀の政策発表に失望した外国人投資家の売りが大きいよね。
アメリカ主要指数の発表リスク回避も入っていると思うし、
ハードモードどころかナイトメアな難易度だわこれ。

アメリカのダウ平均は1%も下がっていないのに対して、
日本の株式市場は2%の下落。
ダウが上がっても日経が上がらず、
ダウが下がれば日経はボロクソに下がるというクソゲーだ。

GPIFや日銀の買い支えもいくらか入っているはずなのに、
ここまで下落を続ける原因は、やっぱり外資の空売りが大量に入っているからなのだろうか。

東証一部はまだしも、とにかく新興・マザーズやゲームセクターが壊滅的。
業績がよくても下がるから、信用買いばかりが増えていくという負のループも各所で起こっている。

外資の空売りがいつ買い戻しに出るのか。
夏枯れが終われば、そのタイミングを見計らって、
狙った銘柄にインできればと思っている。

マザーズさんは、さすがに900円は割れないでくれよ。

スポンサードリンク

関連記事
Category: ビジネス

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する