米Apple、株式時価総額約1兆ドル超

2018_0803.jpg

Aplle、マジで半端じゃない。

先日、世界中が注目した2018年第3四半期(4-6月)の業績発表で、
iPhoneXの予想以上の売上を好感して1株200ドルを上回り、
207ドルという終値をつけた。
これでAppleはアメリカ初の時価総額1兆ドル企業に。

思えば私がAppleに目をつけたのは、まだ150ドル〜170ドルをうろついていた頃だ。
当時、「iPhoneXはコケる」という先見のなさを存分に発揮してしまったせいで、
投資をしなかった自分を悔やんでも悔やみきれない。

さて、次は、Amazonだろうか。
全方位的に拡充するAmazonのサービスを見る限り、
成長鈍化はまずありえないが、PER水準から見るとあまりにも割高だ。
ここから買いに向かうのは悩ましいが、
でも結局上がってしまうんだろうな。

Apple、Amazon、Alphabet。
私はこれを勝手にA3(乙女ゲーの方じゃないよ)と呼んでいるのだが、
もし次リーマンショックでも起こったものなら、
成長著しいこのA3に、全力投球したいものである。


スポンサードリンク

関連記事
Category: ビジネス

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する