日米の巨大ロボ対決が激アツ

巨大ロボと言えば、男のロマン。
男のロマンと言えば、巨大ロボ。

男子なら誰もが一度は巨大ロボに乗ることに憧れ、
自分がパイロットとして戦っている姿を妄想するだろう。

そんな巨大ロボットの闘いが、なんと現実になった。
日米・巨大ロボ対決が実現 パンチの水道橋重工 VS チェンソーのメガボッツ

対決したのは、アメリカのロボット開発会社「メガボッツ」のロボットと、
日本の水道橋重工のロボット。
動画まで公開されているので、ぜひ見ていただきたい。



動画では1勝1敗で引き分けとなっているが、とにかく試合の内容がアツい。

1戦目、水道橋重工側がワンパンで相手を倒すというちょっと拍子抜けな動画に見えるが、
2戦目はペイント弾の打ち合いや、殴り合い、チェーンソーでの断裁攻撃など、
かなり白熱のバトルを繰り広げている。

人が搭乗しているため、チェーンソーは流石にやりすぎだろと思ったが、
水道橋重工側のパイロットが必死に応戦しようとしているところがなんだかグッときた。

最後は互いを賞賛しあい、
「すっげー楽しかった!!」と笑顔で語る水道橋重工のパイロットが印象に残る。
ロボットバトル史の先駆けとしてとても良い試合だったと思う。

スポンサードリンク

関連記事
Category: 【独り言】

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する