時短勤務で育児している人はマジすごい

2017_1017-1.jpg


妻が17日から産休に入る。
16日・17日は残務処理および送別ということで帰りが遅くなるため、
私が娘の保育園のお迎えをすることになった。

そしてここ2日間、17時に仕事を切り上げて迎えに行っていたのだが、
改めて大変さを知った。

お迎えのタイムリミットは18時30分。
これを1分でも過ぎると追加料金が発生してしまうため、
遅れるわけにはいかない。

しかし、仕事を17時に切り上げたとしても、
電車が遅延しないとは限らず、なおかつ東京駅から横浜市までとなると、
結構ギリギリだったりする。

2日間、なんとか18時30分までにお迎えに間に合ったのだが、
こんなハラハラな毎日を送るとなると心臓が持ちそうにない。

しかも、お迎えで終わることはなく、
家に連れて帰ってからは食事の用意、食事、入浴、寝かしつけと、大忙しだ。

時短勤務は仕事を早く切り上げても、
このように子供の面倒を見なければいけないため、全く楽ではないのだ。

なんで時短なのに洗い物をしていないんだ?
と思うことも正直何度かあったのだが、
自分がやってみると、洗い物なんかやっている余裕がないこともよく分かる。
妊娠しながらも、ヘビーな生活を送っていた妻を少し尊敬してしまった。

スポンサードリンク

関連記事
Category: ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する