クーラーや扇風機を使わずに寝る術を身に着けた

2017-07-17.jpg

先日、風邪を引いてダウンしてから数日。
実はあれからクーラーや扇風機を、寝る時に一切使用していない。
(体を極端に冷やすことにビビってしまったのだ)

妻は扇風機ガンガン、時にはクーラーもつけっぱなしで寝るのだが、
私は一切そのようなものは必要なく寝ることができるようになった。

用意するもの

氷枕を1個。これだけ。
あまり氷枕は良くない説があるらしいが、
クーラーをつけっぱなしで寝るよりはいくらかマシであろう。
これだけでかなり快適に寝れるし、不思議と朝の目覚めがとても良いのだ。
クーラーや扇風機をつけたまま寝て、翌朝どうしても体がダルくなる方はぜひためしてほしい。

それでも暑い場合は

氷枕に加え、保冷剤を2個用意してほしい。
昨日は特に寝苦しく、氷枕1個では耐えきることができなかった。
考えに考え抜いた策が、保冷剤だ。

保冷剤をどうするかというと、脇の下に挟むだけ。超絶簡単。
頭の下に氷枕を敷き、これで超絶快適な快眠を手に入れることができた。

今年の夏は、どこまでこれで耐えられるか試してみたいと思う。

スポンサードリンク

関連記事
Category: 【独り言】

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する