【映画】22年目の告白 ―私が殺人犯です―

2017-06-24.jpg

今日は、映画館へ『22年目の告白 ―私が殺人犯です―』を見に行った。

公式サイト

主演は藤原竜也さん。
今期のドラマ「リバース」を見ていたことや、
仕事の絡みで彼の姿(広告)をよく目にする機会が多いため、
個人的にも今をときめいていると言ってもよい。
大好きな刑事モノ映画っぽい感じもあったので、
前から見に行きたいと思っていたのだ。

感想

とにかく、ヒャァァア!って感じだった。
面白いか面白くないかでいえば、確実に面白い。
これから見に行く人は、絶対にネタバレや事前情報をチェックしないで見ていただきたい。

普通の刑事モノだと、犯人を徐々に追い詰めていくのが普通だと思うのだが、
この作品は初っ端、「犯人は自分だと」名乗り出るところからスタートする。

残された遺族たちの気持ちを考えたり、殺し方を見ると、
これ以上にない胸糞映画だな!!と途中までは思ってしまうだろう。
しかし、胸糞だからと言って途中で決して席を立たないでほしい。

ありがちで、あまり言いたくないのだが、
きっと度肝を抜かれるラストが待ち受けている。

2時間はあっという間に過ぎ、もうエンディング?と感じるだろう。
また、この映画は2度見することで、新しい楽しみ方ができそうなところもある。
同じ映画を何度も見返したりはしない私でも、また見たいと思える大作だった。

スポンサードリンク

関連記事
Theme: 映画レビュー | Genre: 映画
Category: 映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する