Hearthstone Championship Tour Japan Majorを観戦してきた

今日は、ハースストーンの大型大会が開催された。
大会の名は、「Hearthstone Championship Tour Japan Major」。

先日開催されたオンライン大会で勝ち残った猛者たちによるオフライン大会だ。
実は私もエントリーしていたのだが、
期限内にデッキが完成せずに失格になるという体たらくだった。

そんな同大会の優勝争いが、浜町駅より徒歩約10分の
「東京テレビセンター」にて行われた。
先着120名で会場にて直接観戦できるとのことで即応募。
丁度、妻と娘が出かけていることもあり、行くことができた。

20170514-1.jpg

こちらが大会会場入り口。
私は開会より大分遅れて入場したので写真には人が写っていないが、
とにかく会場内は熱気と歓声が凄まじかった。

20170514-3.jpg

トーナメントには日本のTansoku選手が残っていた。
Tansoku選手に会うのは、先日のハースストーンのコイン大会のイベントと合わせて二度目。
応援はもちろんしていたが、本当にプレイングが上手くて、
「もうこりゃダメだろ」ってところからの切り返しが何度もあり尊敬できた。

Tansoku選手は残念ながら決勝で負けてしまったが、
そりゃもうこの日記では語りきれないほどミラクルの連続だった。
とにかく、アツい。ハースストーンってこんなにアツいゲームだったのかってくらいアツい。

そして、ドラマのような展開からのpinpingho選手の優勝に感動。
私のこのつたないブログだけでは決して語りきれないのが悔しい。

詳しくはこちらに試合の流れがまとめられているので興味のある方はぜひ

今回の試合で学んだことは3つ。

ひとつ、とにかく最後の最後まで諦めてはいけないということ。
ふたつ、剣竜騎乗は犯罪級に強いということ。
みっつ、同じレジェンドプレイヤーでも見ている世界が違うということ。

私にはあんな大舞台に立てるような技術はないことを改めて知らされるとともに、
ハースストーンに対するモチベーションが2段階くらいアップした。
今月はレジェンド行けるかなぁ。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する