お世話になった先輩の送別会

2017-03-31_1.jpg

今日は先輩の送別会。
私が入社当初からお世話になった方で、最初から最後までほとんどずっと同じチームで働いていた。
社内ではマスコット的な存在感があるだけでなく、仕事をするうえでも高いスキルを持つ方だ。

文章を書く、広告のアイデアを考えるという点においては、
まさに制作ディレクターのベンチマークとも思っており、とても尊敬できる方だった。

入社から長くお世話になっているので色々と感謝の気持ちを伝えたかったが、
なんせ時間がなくて(言い訳)なんだかあっけない別れになってしまったのが少し残念だ。

しかし一生会えなくなるわけではないし、これから先生きていく上で、
きっといつか一緒に仕事ができたりすると信じている。

退職という道を選ばれたのは個人的にはとても残念だったが、
先輩の思うがままに、自由な人生を歩んでほしいと、心から感謝の念とともに送り出した。

スポンサードリンク

関連記事
Category: ビジネス

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する