【DIY】玄関のデッドスペースに下駄箱をつくった

さて今日のDIYは、玄関のデットスペースに下駄箱を作ってみる。
毎週何か作って金がかかっているので、「来週こそは何もつくらないぞ〜」と
決心するものの、また次の休みまでに家の中でつくりたいものを考えてしまうループ。

来週こそはおやすみしたいと思う。

玄関の高いところに下駄箱を設置

2017_0219-10.jpg

自慢じゃないが、我が家の玄関スペースは非常に狭い。
狭いのにベビーカーも玄関先に置いているため、さらに狭くなっている。
一応備え付けの下駄箱もあるのだが、いちいち開閉するのが面倒で
そのまま放置してしまうこともあり、気がつけば玄関が靴で埋め尽くされていたりする。

このような問題を解決すべく、玄関の上にあるデッドスペースを利用した下駄箱(棚)を
つくることにした。

2017_0219-11.jpg

用意したのは1×4のSPF材1本と、2×4のSPF材2本。
2×4は天井まで届く必要があるため、眺めの8フィートを用意した。
(というか近所のホームセンターでは8フィートまでしか取り扱いがなかった)

2017_0219-12.jpg

その他に購入したもの。
棚と棚受け、LABLICOのアジャスター、フックなど。

2017_0219-13.jpg

2×4のSPF材だが、アジャスターを装着するには37mmほど長さが足りなかった。
8フィートの木材に、以前のDIYで余った端材をつなぎ合わせることにした。

2017_0219-14.jpg

8フィート+37mmの長さにしなければいけなかったので、
19mmと18mmの長さの木材を作成。

2017_0219-15.jpg

その他、下駄箱の横幅を1000mmにするため、板をカットしてパーツを切り出していく。

2017_0219-16.jpg

カット終了。
だんだん丸ノコでの断裁作業をスピーディかつ正確に行えるようになった。
我ながら、なかなか板についてきた気がする。

2017_0219-17.jpg

先程切り出した18mmと19mmの端材を2×4材の上下にくっつける作業。
ドリルで穴を開けて、

2017_0219-18.jpg

ボンドと長いビスで接合。これで8フィート+37mmの長さのSPFのできあがり。

2017_0219-19.jpg

次に、FPS材にアジャスターをはめ込んで天井に固定する。

2017_0219-20.jpg

いったん固定完成。
しかし、この時点ではまだ仮止め。

2017_0219-21.jpg

次は棚板に、棚受けをビスで付ける。

2017_0219-2.jpg

玄関なので雑なものはつくれない。
しっかり水平を図りながら、

2017_0219-3.jpg

クランプで噛みつつ、正確にビスを打ち込んでいく。

2017_0219-4.jpg

棚が完成したら、次はオマケのフックを設置。

2017_0219-5.jpg

ここまでできれば一安心。
先程、仮止めにしていたアジャスターをここでしっかり固定する。

2017_0219-6.jpg

フックを取り付ける。

2017_0219-8.jpg

完成である。

ビフォー

2017_0219-10.jpg

アフター

2017_0219-8.jpg

残念なことに、レシートを紛失してしまったので詳細金額が分からない。
(多分合計で4000円とちょっとだと思う)

これで、置き場所野なかった妻のロングブーツが
綺麗にデッドスペースに収まるようになった。
満足!

スポンサードリンク

関連記事
Theme: DIY | Genre: 趣味・実用
Tag: DIY
Category: DIY

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する