【DIY】キッチンカウンターに棚を作製

2017_0212-1.jpg

我が家のキッチンカウンター。
娘がカウンターを乗り越えてモノを取ろうとしてくるため、
台所の中にはうかつにモノを置くことができない。
2歳の娘がどうやってここまで手を伸ばすかというと、

2017_0212-2.jpg

こうして、椅子を移動して登ってくるのだ。
キッチンの中に妻か私が立っていると、必ずこうして椅子をよじ登り、
カウンターの向こうから作業を妨害してくる。
これでは仕事にならんということで、バリケード棚をキッチンカウンターに作ることにした。

2017_0212-3.jpg

材料はこちら。
LABRICOのアジャスターと、木製の棚受け6つ、
L型金属棚受け2つ、ウォールシェルフ。

2017_0212-4.jpg

そして2×4のSPF材2つだ。
(1×4は写真に写っているが、実際使わなかった)

2017_0212-5.jpg

キッチンカウンターと天井の長さは130cm。
アジャスターを装着する場合、ここから-95mm短く断裁する必要がある。

2017_0212-6.jpg

そして相変わらず2×4材は丸ノコ1回で切断できないので、
手鋸で切る。これがちょっと面倒だ。

2017_0212-7.jpg

バリケードには有孔ボードを使用。
こちらもサイズに合わせてカットしていく。

2017_0212-8.jpg

パーツを切ったら、家の中で作業。
アジャスターの足を装着し、

2017_0212-9.jpg

天井にしっかり固定していく。
先日も書かせていただいたが、個人的にはディアウォールよりもしっかり固定できるため、
LABLICOのアジャスターがお気に入りだ。

このネジと白い部分がチャームポイントの商品なのに、
妻から「ネジのところがダサいから隠したい」と言われてしまった。ヘコむ。

2017_0212-10.jpg

台に棚受けを付けていく。

2017_0212-12.jpg

有孔ボードを取り付ける。

2017_0212-13.jpg

なかなかいい感じだ。これで娘は手が出せなくなった。

2017_0212-14.jpg

いったん基本は完成した。

2017_0212-15.jpg

裏はこんな感じ。
娘の手が伸びてくるため、キッチンカウンターにもモノを置けなかったが、
そんな悩みも解消された。

2017_0212-16.jpg

そして、更に2段目にウォールシェルフを取り付けた。

2017_0212-17.jpg

なかなかオシャレな感じにできたのではないだろうか。

2017_0212-18.jpg

娘の視点から見上げた図。これなら手も足もでまい!フハハ。

今回の制作費用
■有孔ボード:528円
■2×4材(2本):596円
■木製棚受け(6つ):1110円
■金具L型棚受け(2つ):296円
■ウォールシェルフ:868円
■LABLICOアジャスター(2つ):2100円
合計金額:5498円

(ウォールシェルフとか付けたせいで結構かかってしまったな・・・)

スポンサードリンク

関連記事
Theme: DIY | Genre: 趣味・実用
Tag: DIY
Category: DIY

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する