ラブライブ!サンシャイン!!最終話を見た感想(ネタバレあり)

2016-09-25.jpg

昨夜、ラブライブ!サンシャイン!!の最終話(13話)が放送された。

最終話ということでウッキウキで見たのだが、
チカさんがラブライブの会場で突如、謎の回想を語りだしたせいで、
総集編的なナンダコレ結末に終わってしまった。

恐らく、2期はあると思うのだが、この終わり方はちょっとイケてないと思う。
ネット上でも、この総集編ミュージカル演出に納得がいかないとの声が多数上がり、
物議を醸している。

個人的にも12話までがなかなか良かっただけに、
最後はもうちょっとビシっとしめる、もしくは次に繋がるような
思わせぶりな終わり方をしてほしかった。

特にヤバイと感じたのは、途中からモブがAqoursに加わろうとしてきたシーン。
Aqoursの既存メンバー9人が練習している中に突如現れ、
「私達もアイドルになれないかな」とかワケワカメなことを言い出しおる。

チカさんは涙を浮かべて喜んでいたのだが、梨子は終始微妙な表情を浮かべる。
この瞬間、視聴者はもっと微妙な表情を浮かべていただろう。

さらに、最後はモブも含めすげー大人数でステージの上に立とうとしやがるもんだから、
既存メンバーもたまったもんではない。
「事前エントリーした人しか出場できない」という初見設定により、
これが回避されたことが唯一の救いだろうか。

しかしまぁ、綺麗に終わったと言えば、綺麗に終わったようにも見える。
これで2期が無かったとしても、不自然ではない終わり方だ。

私はラブライバーといえばラブライバーなので、
あまり批判的なことは言いたくないのだが、
好きだからこそあえて言わせていただきたい。

サンシャインの最終話は残念だと。

2期はμ'sマンセーすることなく、Aqours一人ひとりにもっとフォーカスした
ストーリーを楽しめることを切に願うばかりである。

スポンサードリンク

関連記事
Category: 【独り言】

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する