中学時代の友人の結婚式

本日は中学時代の友人の結婚式。
会うのは成人式に会って以来なので、およそ10年振りといったところでしょうか。

人生で一番楽しかった時期っていつだろうと考えたらやっぱり中学時代。
その時に仲の良かったグループなので、そりゃあもう楽しかったです。
お互い散り散りになっているかと思いきや、意外に皆地元を離れておらず、
東京に出てきた友人も、全員長野に帰ってきたようです。

「都会の謙遜とした空気は俺には合わねー」
と、皆が口をそろえて言っていたのですが、私もつくづくそう思います。

2015_0926_1.jpg
さてこちらが結婚式の様子。
東京と違って、挙式と会場の距離が結構離れており、マイクロバスでの移動などが普通です。
(私はマイカーで行ったのでマイクロバスには乗らなかった)

プロを加えた招待客全員でのダンスや、とても作りこまれた映像など、
コンテンツ盛り沢山のとても素晴らしい結婚式でした。
ここまでダイナミックな結婚式、都内でやったらとんでもないことになるんだろうなと予想します。
都内ではここまで式場側が柔軟に対応してくれないと思いますし、
何よりも莫大に費用がかかりますからね。

2015_0926_2.jpg
この歳になって、カメラマンやってて良かったなって思うようになりました。
年齢のせいか涙腺がもろくなっているため、
手紙の読み上げシーンなどは撮影に集中することで、涙をぐっと抑えることができるのです。

2015_0926_3.jpg
中学時代の友人たちと新郎新婦。
ヘアースタイルを見ていただければ分かるかと思いますが、
一番左の私が一番真っ当だと思いませんか(自信アリ)。
なんかよくわからんロン毛になってるし。結婚式に相応しくなさすぎだろ!

結婚式ももちろん良かったのですが、
私にとっては10年ぶりの再開だったので、ダブルで嬉しかったです。
次に実家に帰ったときは、もっとゆっくり会う時間が欲しいですね。

スポンサードリンク

関連記事
Category: 写真の話

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する