ブログを収益化させる人たちはすごいと思う

周りにも増えてきた、ブログを収益化させる人たち

2015-06-08.jpg

最近、「ブログを書いてアフィリエイトで収益を得る」ことをしている人たちを、
周りでももちょくちょく見かけるようになりました。
その金額はバラバラで、多い人は月2万円近く稼いでいる人から、
少ない人は月2、3000円という人まで。
(ちなみに、当店では先月から始めたAdSenseでなんとか月300円くらい)

読ませてもらうと、私みたいに自分のことばかり書いているようなただの日記ではなくて、
日常的に役に立つ内容だったりがほとんどのため、
「なるほどな〜これは読まれるよなぁ〜」と思えるしっかりとしたブログばかりです。

確かにちょろっと趣味程度に文章を書くだけでお小遣いになるなんて素晴らしいと思うのですが、
先日、その月2万円近く稼いでいる友人の考えに違和感を感じてしまいました。

常に何かを探しているというか、目が血走っている

月2万円プレイヤーと先日飲みの席で話をしていたのですが、そこで気になったことがありました。
会話中にとにかく「それブログのネタにするわ」と、ブログのネタにしたがってくるのです。
「目標金額のために」「読者のために」というプレッシャーを感じて、
常に何か新しいネタがないかを探しているようなのです。

ちなみに彼は「はてなブログ」を書いているのですが、
そこでは「はてなブックマーク(通称:はてブ)」というボタンがあり、それを押されることによって、
閲覧者数が増えたり記事が拡散されたりに影響があるようです(Facebookでいう「いいね」ボタン)。

その「はてブ」をとにかく増やさなければいけない!ということに必死過ぎて、
周りが見えなくなっているような気がするんですよね。
いや人のブログにとやかく言う資格はもちろんないのですがね。

そんなこんなでネタ探しに必死な彼に対して、
「そこまで必死にならなくても、世界は回り続けているんだぜ?」とか
適当なことを私が言ってしまったもんだから、これが結構効きまして。

「そうかもしれないが、俺には重要なことなんだ!(キリッ)」
と立ち上がって言うんです。そんな彼に、思わず、
「OK分かった。これを私は次のブログのネタにするよ」
と言ってしまい、今回このような記事を書いている次第であります。

キミのことだよ、見てるか〜い!

プレッシャーを自分にかけないことが、長く続けるコツ

昨年から始めて「100記事達成したぜ!」と豪語する月2万円プレイヤーの彼のブログは、
アクセス数だけでいうと当店の十数倍。マジこれってスゲェことだと思います。

ほぼ身内向けのネタや、個人的な日記だとしても、こっちは5年間も書いているんですよ。
それをあっさり、しかもたったの100記事で抜くなんて考えられません。

ただ、はてな民と呼ばれる方々は特有の性質があるようで、
一度記事がブレイクしてしまうとその味を忘れられず、
「次はもっといい記事を」「次はもっとはてブの数を増やさねば」と、
どんどん強いプレッシャーを自分に与えてしまう傾向にあるようです。

そして最終的には、アクセスは増えたけど、プレッシャーからブログ更新のモチベーションを失い、
軽いうつ状態になってしまった。というブロガーも実在するようです。
自分を追い詰めてまで何をそこまで頑張るのか、正直私には分かりません。
(一度でもこの日記がブレイクしたら分かるのかもしれませんけどね)

とにかく、そんな彼に言いたいのは、
「プレッシャーを自分にかけないことが、長く続けるコツ」だということ。

たかがブログ、されどブログ。もっと肩の力を抜いて気楽に書いていきましょうよ。
学んだこと

ただ、私も学んだこともいくつかありました。

私が直さなければいけないのは、読み手を意識した書き方をもっとしなければいけないということ。
どうせ自分のただの日記だからと手を抜くのではなく、しっかり見出しを付け、
文章に強弱を付け、読み手を意識しなければ見返した時に恥ずかしいということを学びました。

文章を仕事にしている自分が、今更そこかって話でもありますが。
だからこの日記ではちょっと頑張っています。あんまり変わらないかなぁ。

そして最後に、試しに「はてブ」のボタンをFC2ブログでもカスタマイズで付けることができましたので、
付けてみました(照)。

スポンサードリンク

関連記事
Category: 【独り言】

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する