【アプリ紹介】スマホアプリ日記vol.65【パズル戦隊デナレンジャー】

今回は久しぶりにスクフェスやクラクラ以外のゲームアプリネタを書いていきたいと思います。

2015-04-28_1.jpg
これが現在私がプレイしているアプリ一覧。端末はiPhone4Sという骨董品ですが、全てプレイできています(ものによっては処理落ちするときもある)。
尚、プレイ優先度は左上から右へ、折り返して下の段へと続いています。現在はスクフェス、クラクラ、18(エイティーン)、バトエヴァ、デナレンジャー…といった順番ですね。

■パズル戦隊デナレンジャー
2015-04-28_2.jpg
今回ご紹介させていただくのは、まだリリースされたばかりであまり知られていないのでぜひ皆さんにも遊んでほしいゲーム。その名も、「パズル戦隊デナレンジャー」です。
ちなみにこれは起動画面。どういうゲームかを説明するまでもなく、その名の通り戦隊モノをモチーフとしたパズルゲームです。
幼い頃から(今も)特撮戦隊モノが好きな私にとってはこのビジュアルだけで相当アツいものを感じさせました。
■豊富なシナリオ数と絶妙な難易度
2015-04-28_3.jpg
ステージを選んで遊ぶ点はパズドラなど従来のゲームと似ているのですが、デナレンジャーには一応明確なストーリーが存在し、話数を選んでからのステージセレクトとなります。
ちなみにこれが現在の私の進行度は10話。現在20話近くまで公開されており、話数も随時追加されていくようです。
サクサク話を進められると思ったら大間違い。意外とパズルが難しいので思うように進みません。だがこれがヤミツキになるのです。

■豪華声優陣
2015-04-28_4.jpg
ちなみにこちらが主要キャラクターの5人。声優さんも豪華で、
鈴村健一さん(デナレッド / 不屈 忍 役)
間島淳司さん(デナブルー / 道知 虜役)
洲崎綾さん(デナイエロー / 剛龍 砕 役)
西明日香さん(デナピンク / 流水 杏役)
鳥海浩輔さん(デナグリーン / 八雲 翔 役)を起用しています。

ちなみに、従来のパズルゲームと大きく異なる点としては、キャラクターのガチャ要素や育成要素がほとんど削がれているところ。

■脱!札束での殴り合いゲー
2015-04-28_5.jpg
ステージに散らばる素材を集めて「覚醒」や「レベルアップ」は行えるのですが、キャラクターは主要メンバーの5人だけ(今後増えていきそうですが)。
ガチャでレアモンスターを引き当てて、パワーでゴリ押しするようなスタイルのゲームではなく、あくまでもパズルゲームなのだから、パズルとしての純粋な面白さで勝負しようというコンセプトで作られているようです。
そういった点で、デナレンジャーは昔のスーパーファミコンであったような、ヨッシーのクッキー的な微戦略ゲームに近いかもしれません。
確かに最近のパズルゲームは結局レアを引き当てるかどうかの運だけでゲームの優劣が決まるものが多く、パズル要素がオマケに見えてくることすらありました。萌え要素やキャラクター育成に重点を置かれたゲームが流行る中、デナレンジャーの仕様はある意味挑戦的と言えるのではないでしょうか。

■親しみのある3WAYスタイルはそのままに
2015-04-28_8.jpg
こちらが実際のパズル画面。ステージを選んだらこの画面になります。
まずは白衣の博士が登場し、このステージにおけるミッションを伝えてくれます。

2015-04-28_9.jpg
このミッションは、猫マークのパズル・ブロックを一番下まで持ってくること。操作ルールはコマとコマを1箇所入れ替えて消していく3WAYのゲームで、ポコパンと同じです(消すところがなくなるとシャッフル)。

2015-04-28_10.jpg
ステージによって仕掛けの種類も実に様々。じっくり次の一手を考えながら慎重にコマを動かしていきます(一部、制限時間が設けられているクエストも)。地味に頭を使うのですが、やっぱり運も大事ですね。

■ド派手な演出も見応えアリ!
2015-04-28_11.jpg
そしてこのゲームの見応えと言えばなんと言っても必殺技!パズルを消していくとキャラクターの下に表示されているゲージが溜まっていき、これがMAXになると必殺技を使うことができます。
キャラクターはそれぞれ独自の必殺技を持っていて、その特性を理解しながらステージを攻略していきます。ちなみに、ステージごとにキャラクターを選ぶことはできません。ステージの「主役」という意味合いで、固定となっています(実際の戦隊モノも、毎回主役が変わっていきますよね?)。

2015-04-28_12.jpg
必殺技発動!
デナレッドの必殺技はランダムでタテ・ヨコの十字ラインを消すというもの。打つ手がなくなっても、最後の最後で必殺技に助けられたことは何度もあります。
ちなみに必殺技発動時には、デナレンジャーのアツいオリジナルテーマソングが流れます。私は地味にこの歌が好きで、特に歌詞の中にある「絶対なんてない。でも絶対諦めない(だったかな)」的な部分が大好きです。

こんな感じで今回ご紹介させていただいたデナレンジャーですが、1回のプレイ時間が約3分〜5分と、非常にカジュアルに遊べます。ちょっとした待ち時間でサクッと遊べるのは良いですね。
ただ、話が進むに連れて、どうにもパズルの難易度が高くなってきます。そういった意見も多かったようで、先日のアップデートではステージ100までの難易度が調整されました。始めるなら今がチャンスです!


スポンサードリンク

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する