ディアンシー厳選完了

ORASの発売も、残り約1週間と迫ってきました。
発売までの準備も兼ねて色々と準備をしておこうと思い、この一週間はモンハンを少しお休みです。
まだ受け取っていないディアンシーや色違いゲンガーの厳選を行ったり、交換要員の確保へと時間をあてたいと思います。

今日は早速ディアンシーを厳選しました。
本当は正式にメガディアンシーの種族値が公開されてから厳選を行おうと思ったのですが、やっぱりORASを発売からスムーズに遊びたいという気持ちと、体験版からの解析情報が既にネットに流れていたという、この2つの理由からとっとと厳選を終わらせることにしました。

ポケモンORAS オメガルビー・アルファサファイア 体験版解析情報まとめ(教え技、メガシンカ)(NAVERまとめ)
※上記の解析情報に信憑性があるかは不明なので、自己責任でご参考ください。

素早さが大幅に上昇するということなので、むじゃき/せっかちのどちらかで両刀を考えました。
しかし、よく考えたらS110って別にそこまで早くない気がして、素早さ上昇補正の性格にする必要があるのか?と、疑問に感じました。

ディアンシーの受け取りは実に面倒で、リセットする毎にどうでも良い小芝居を見なければいけないので、本当に辛い。とっとと終わらせて、実戦で使う可能性が高い色違いゲンガーの厳選に時間を費やしたかったので、ディアンシーに関しては、良個体で以下の性格が出れば終了と決め、厳選を行いました。
◯むじゃき/せっかち/やんちゃ
△うっかり

厳選開始から約2時間。いつもの如くの妥協ですが、この個体で決めました。

2014-11-14_1.jpg
ディアンシー : [31]-[31]-[22~23]-[31]-[10~13]-[31]
Dがかなり低いです。が、4Vならまぁ(もう)いいです。
ダイヤストームを高火力で使えるというのも、なかなか面白そうではありますしね。
というか、ここまで厳選しておいて伝説・幻使った対戦なんて今まで2・3回しかやったことないんですけど。
そして、次は冒頭で書いた「交換要員の確保」について。
これはそのままの意味の「交換要員」です。XYとORASがあれば伝説はすべて揃うと公式でも発表していますが、それでもやはりORには出て、ASでは出ないポケモンなど、いつも通りにあるのだと思います。

そんなときに役に立つのが、XYでしか入手できない伝説(ゼネルアス・イベルタル)。私はORしか購入しない予定なので、ASに出ているポケモンが欲しい場合は、こいつらを交換要員としてGTSで流すことでGETしようと目論んでおります。

そして、今日の今日までコツコツと貯めこんだゼネルアス・イベルタル各10匹がこれだ!

2014-11-14_2.jpg
集めた手法としては、「いじっぱり/ちからもち|はらだいこ・アクジェ持ちの5Vマリル」を量産しまくり、GTSに放流。これを続けること約2カ月、ようやくここまで集めることができました。

一応、マリルの詳細は日本語で記載して預けていたのですが、交換されたのがほとんど海外産なのが不思議です。
※多分、日本語を読んでいるわけではなく、「5V」という文字を入れていれば高個体と認識されるのだと思います。

明日からは色違いゲンガーの厳選を開始します。


スポンサードリンク

関連記事
Category: ポケモン

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する