【電車で】MH4Gプレイ日記8【モンハン】

最近早く帰れる日は就業後に会社の人たちとモンハンをしています。
やっぱりオンラインで知らない人とやるより、顔が分かる人同士で対面してやるのがモンハンの一番の醍醐味ですよね。
オンラインだと他人が死ぬと、「おいおいしっかりしてくれよ!」と思うところですが、知り合いが死んでも全然許せてしまうという不思議。上手い・下手ではなく、そこには信頼関係や友人関係があるからなんですよね。

さて、今日はちょっと面白い狩りを体験してきました。
いつものように会社の帰り途中、電車の中で3DSをパカっと開くと、目の前の座席に座っているサラリーマンな男性2人(おそらく同僚)もパカっと3DSを開いたのです。
あれは、もしやモンハンか。と思った私は、集会場を検索してみると、やはり部屋が立っていました。しかも2人ともG級。
これに入らない手はないだろうと(今思うとマナー的にどうかと思うが)、かなりドキドキしながら入ってみると、目の前のサラリーマン2人は驚いた様子で周囲を見渡していました。そして目の前で3DSを握りしめている私と目が合うと、ニヤッと笑って頷いてくれたのです。
そしてゲーム内のアクションでちゃんと挨拶し、早速プレイ。こんな感じで見ず知らずのハンターと約30分間、狩りに勤しんだ帰路となりました。

ゲーム内ならこんなに積極性があるのに、なぜリアルではこうもうまくいかないものか。


スポンサードリンク

関連記事
Category: モンハン

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する