新居のカーテンレール

昨日、無事に新居の鍵の引き渡しが済みました。今日は住むための準備です。

窓はたくさんあるのですが、なぜかカーテンレールが最初から付いていないので、自分でやるなり業者にお願いするなりで設置するようです。
私の場合は都合よく父が建築関係であるため、お願いして長野からわざわざ出向いて設置してもらいました。

2014-07-27.jpg
1階から3階まで、計11箇所。
クーラーもまだ設置していない&扇風機が未搬入という灼熱の環境下で、苦い顔をしながら作業をする父。本当に申し訳ありません。

実家では自営業の父がよく駐車場で木材を削っていたり、ベランダ冊子を改造していたりなど、仕事風景を目にするのが日常的だったのですが、正直これまで一度も興味を持ったことがありませんでした。
しかしカーテンレールひとつを付けるにしてもノウハウがあり、お願いをして初めて素人とプロの違いを思い知らされるものです。

私が長野に住んでいた18年間では当たり前だった光景が、今日は一際カッコよく見えた瞬間でした。


スポンサードリンク

関連記事
Category: ライフ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する