【イタリア旅行2日目(part1)】ローマ→ナポリ→カプリ島(青の洞窟)

やはり予想通り、写真点数が無駄に多く長くなってしまいましたので、Part分割します。

2日目はローマからナポリへ行き、フェリーでカプリ島へ行きました。

2014_0508_29.jpg
晴れ渡る青い空!(少し雲もあるけれど)
綺麗な街並み!
そして、蔓延るスリ師!

2014_0508_20.jpg
無事、青の洞窟に入れました。
本当に綺麗な青で感動です!


2日目の朝は早いです。

2014_0508_1_.jpg
弁当を食べ、いざ出発!
昨日から食ってばかりで動いていないので、ややボリューム過多。

2014_0508_1__.jpg
イタリアのホテル事情として、水回りが実は大変よろしくありません。
2日目にして気がついたのですが、宿泊していたホテルは4つ星だったようです。トイレは、まぁ仕方ありませんね。

2014_0508_1.jpg
高速道路に乗りナポリへ向かいます。丁度日が出始める時間帯で、グラデーションがとても綺麗でした。

2014_0508_2.jpg
日本と比較しても、かなりシームレスに入れる高速道路のSAでひと休憩。
イタリアでは基本、トイレの使用もチップ制だそうです。SAではチップが必要な場所がほとんどですが、稀に無料で利用できるところもあります。

2014_0508_3.jpg
ナポリ市内に突入。写真では写っていませんが、路面電車が走っていました。

2014_0508_4.jpg
歴史的な遺跡とそのまま街中に放置されているだけのように見えますが、これはこれで風情があります。

2014_0508_5.jpg
フェリー乗り場の付近で見たお城。でかい。

2014_0508_6.jpg
いちいち建造物が大きくて見上げてしまいます。

2014_0508_7.jpg
フェリー乗り場に到着。ここからカプリ島へ向かいます。

2014_0508_9.jpg
天候にも恵まれ、波はそれほど高くありません。この調子なら青の洞窟に行けるか!?

2014_0508_10.jpg
本島がもうあんなに小さく。ナポリからカプリ島まではフェリーで約1時間かかります。
ローマのホテルを出発してからカプリ島までの時間を合計すると、約3時間30分。どっひゃー。

2014_0508_13.jpg
カプリ島が見えてきました。もうこの時点で海の色がなんかちょっと違う。

2014_0508_11.jpg
カプリ島へ到着。

2014_0508_12.jpg
ンギモッヂイイ!

2014_0508_14.jpg
カプリ島に到着したら、そのまますぐさまモーターボートで青の洞窟へと向かいます。

2014_0508_15.jpg
モーターボートで島の横手にある青の洞窟へ向かう途中、崖の上に見えた白い建物がありました。
実はあれ、フェラーリ社・社長の別荘だそうです(現在使用されているかは不明)。

2014_0508_16.jpg
青の洞窟の入り口が見えてきました。

2014_0508_17.jpg
周囲を見渡すと何隻か入洞待ちの先客が。
日頃の行いが良かったのか、波もかなり落ち着いています。ラッキー!

2014_0508_18.jpg
夏のピーク時の場合などは最大2時間も待つことがあるらしいですが、時期が良かったのか何なのか、20分くらいの待ち時間で入ることができました。
手こぎボートに乗り換えて準備をします。

2014_0508_19.jpg
洞窟の狭さは約1m。
狭い穴から、歌を歌いながらボートのおっちゃんが出てきました。体勢すっげぇキツそう。
洞窟に入る時は、寝転ぶようにして頭を絶対に外に出すなとイケメン船長に指示を受けました。

2014_0508_20.jpg
青の洞窟突入!素晴らしい青さです。
天候、波の高さなど、今日はすべての条件において良かったそうです。
とはいえ、洞窟内はかなり暗く、写真は残念ながらブレブレ。船長が歌を歌いながら船を揺らしまくるので、仕方なく高感度での撮影を余儀なくされます。それにしても美しい。一見の価値あり!
あ、もちろんこれもチップ制です。

2014_0508_21.jpg
波が上下するタイミングを読み、「ウェーイァア!」とか言って洞窟を飛び出すイケメン船長。COOL過ぎるぜ!

2014_0508_22.jpg
洞窟を出るとめちゃくちゃ眩しい景色が目に飛び込んできます。改めて、海と空が美しい。

2014_0508_23.jpg
手こぎからモーターボートへ乗り換え、再びカプリ島の港へ移動します。

2014_0508_24.jpg
港へ着いたら早速登山列車に乗り、中央広場に行きます。

2014_0508_25.jpg
観光客がワラワラと。この電車は1回に乗れる制限が決まっているそうです。日本でもそうすれば良いのに。

2014_0508_26.jpg
こちらが登山列車。列車内にいた警備員は、恐らく(というか絶対)勤務中だと思うのですが、終始LINEのようなチャットアプリで遊んでいました。COOL!

2014_0508_27.jpg
10分ほど登ります。

2014_0508_29.jpg
窓から見たカプリ島の港。街並みが美しすぎるぜ。

2014_0508_30.jpg
登山列車を下車。ここからの眺めも絶品です。

2014_0508_31.jpg
中央広場に到着。お土産などもここで買えるようで、港ほどではありませんがかなりの賑わいを見せています。

続く。

スポンサードリンク

関連記事
Theme: 旅の写真 | Genre: 写真

コメント

No title

青い空~ 白い雲~ 綺麗な洞窟~

すごくうらやましいです!
写真撮りまくりですね(´´*)

世界的に有名な観光地は世界中から人が来るので、
時期にかかわらず混んでいそうですね。

言葉で不自由はしていないように見えますが、
おおむね英語で通じてしまうのでしょうか??
(メニューやトラフィック系は伊語のイメージ)

なにはともあれおめでとうございます(´▽` ) 
伊太利亜いいですね!!

2014/05/17 (Sat) 23:26 | 九部 #- | URL | 編集
No title

>>九部さん
空が晴れているだけで写真の映りは綺麗になりますから、本当に嬉しかったです!特にカプリ島の白い建造物に青はとてもよく映えました。
時期にかかわらず混雑というのは、まさにその通りです。場所によっては、人をかき分けて通らなければいけない道もあったりしました。やはりそういうところにスリがよく現れたりするようなので、常に注意が必要です!

今回は旅行会社のパックみたいな感じで行っているので、交通に関しては添乗員さんが手配してくれるため、ほぼオートマチック。特に不便はありませんでした。

また、実はイタリア語を何年か前に独学で勉強していたこともあって、簡単なものなら単語レベルで分かったりもするのです(間違っていたら嫌だから妻には内緒にしてましたけど)。

イタリアは撮るところ満載なので写真好きは飽きないと思います!九部さんも、一生に一度はぜひイタリアへ!

2014/05/19 (Mon) 21:26 | なりさこ #sygwmbu6 | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する