餅は餅屋

いくらブライダルの撮影をお願いされても撮れません!やはり餅は餅屋。「失敗写真があってもいいからお願い!」と言われても、そういう問題じゃなくて、撮れないし、撮りたくないんだよなぁ。どう説明すればわかってもらえるのだろう。サブならいくらでも撮るんだけども。...続きを読む >

Nikon D6開発発表!!

今月、Nikonがフラッグシップ一眼である「Nikon D6」の開発を発表した。→デジタル一眼レフカメラ「ニコンD6」および望遠ズームレンズ「AF-S NIKKOR 120-300mm f/2.8E FL ED SR VR」を開発Nikonの1ケタ最新モデルがついにきた。最近はミラーレスの開発に力を入れていたり、高級機の路線から転向したのかと不安に思っていたのだが、そんな不安を払拭してくれた嬉しいニュースだ。スペックも発売時期もまったく不明だが、とにかくこの...続きを読む >

カメラのシャッターユニットが焼けた

先日、仕事でD750を使っていて、写真に大きな和感を感じた。仕事で撮影した写真は、Photoshopで補正したのでなんとか乗り切ったのだが、まずこの諏訪湖の写真を見てほしい。撮影すると、中央から右よりに虹のような光が入っているのがお分かりいただけるだろうか。原因はレンズか、ボディか、どちらがおかしくなったのだろうと思っていたが、花火の撮影にはほとんど影響がなかったのでそのときは放置。諏訪湖畔にある、みずべ公園...続きを読む >

諏訪湖花火大会2019

諏訪湖の花火大会に行ってきた。祖母の家から歩いて湖畔まで行けるので、距離的にはかなり近くて便利なのだ。今年は駐車場やらなかったな。下の子が響き渡る大爆音の花火を怖がってしまったので、前半30分で帰ることに。せっかく一眼レフを持ってきたのでしっかり撮影したかったが、仕方なく撤退する。水上スターマインは撮りたかった。く〜。諏訪湖の花火は小さい頃から見ていたけれど、都内で見た花火と改めて比べると、音と振動...続きを読む >

滝へ

仕事で色々と悩むことが増え、心身ともに疲労していることを実感した私は癒やしを求めて滝に行くことにした。訪れたのは百尋ノ滝。カメラを覚えたての頃はよく一眼レフと三脚を持って、バスに乗ってここへ来たものだ。そんな20歳頃の記憶から、ここはまったく姿を変えず、ずっと綺麗なままだった。休日だというのにそこまで人でごった返すことがないのも、この滝の良さだ。アクセスもなかなか良いし、何より滝壺まで近寄れるので涼...続きを読む >

残雪の武尊山

会社の人たちと一緒に武尊山へ行った。GWでも雪が残っているということで、山頂までは行かず途中まで登ってみることに。アイゼンすらない人もいたので、麓でダラダラしたり、夜はみなかみ町で適当にお酒を飲んだりして遊んで終わった。今回は登山というより、ドライブにが近かったかな。写真は少なめ。雨の影響で道は少しぐちゃぐちゃしていた。雪はところどころに。雪の透き通ったようなニオイが気持ちいい。夜は珍しく酒を3杯ほ...続きを読む >

金沢動物園に行ってきた

この10連休、どこにも行かないというのも切ないので、子供たちと金沢動物園に行ってきた。朝一番にでかけたからか、そこまで人混みは酷くなかった。動物たちが思っていたより近くまでやってきて、手を伸ばせば触れることができるほど。こんなに近くでカンガルーを見たのは初めてだった。ズーラシアと比べて動物が大きく見えて、個人的にはこっちの方が好きかも。動物園で動物を見たらご飯を食べて、公園で遊ぶことに。長い滑り台に...続きを読む >

カメラマンに「パシャッと撮っちゃって」って言うな

「じゃあさ〜もうちょっと上のアングルからパシャッと撮っちゃって!」「そっち撮り終わったら、こっちもパシャッといっちゃって!」「ついでにさ、あっちからもパシャッと撮るだけだから!」これ、仕事でカメラマンに言った覚えある人は気をつけた方が良い。カメラマンは相当ムカついているぜ。カメラマンは、その1カットを撮影するだけでも色々なものに気を配っている。ライティング、背景、撮影対象物の状態、ベストなアングル...続きを読む >

フルサイズ市場でソニーが猛威を奮っている

新参だと思っていたソニーが、フルサイズモデル市場で猛威を奮っている。→新参ソニーがカメラ最高級市場で初のシェア1位、悩むキヤノンとニコンフルサイズと言えば、キヤノン・ニコンの2大巨頭。しかし、後発ながらもソニーの躍進激により、いまやシェア1位と言われるほどそのシェアを伸ばし続けている。私はニコ爺なのでニコンを応援したいところなのだが、店頭なんかでαを触ってみるとやっぱり良いんだよね。近代的というか、画...続きを読む >

アマチュアとして結婚式を撮影するときに気をつけること

この歳になってくると、結婚式に呼ばれる回数も増えてくる。で、毎回結婚式には決まってカメラを持っていくのだが、会場にいるプロからすると、多分「邪魔くせーな!!」と思われているんだろうなー、と想像しながら、実は気を使って撮っている。今回は、現職のブライダルカメラマンを邪魔しないために、アマチュアブライダルカメラマンとして個人的に気をつけていることを書いていく。ベストポジションはプロに譲るこれはマジで大...続きを読む >