今月はIPOがザックザク

今月のIPOはなかなかすごい。メルカリを筆頭に、ロジザード、インバウンドテック、IPS、エーアイ、プロパティデータバンク、ZUUなど、評価A以上がザックザクだ。新規公開株は基本的にはやらないのだが、ここまで優良IPOが豊富だとつい手を出したくなってしまう。と言っても、現時点で取引できる証券口座が少ないから、当選する確率は低いと思うのだけど。IPOやるならSBI証券なんだろうけど、なんせアプリが使いにくい。アプリだけ...続きを読む >

生きてるって感じ

人をマネジメントするという立場になって、しばらく経つ。少し現場から離れてしまったものの、まだ一部は継続顧客としてやりとりがある。継続顧客となると、まぁ営業職で言ってしまえばルート営業みたいなもので、あまりアグレッシブな提案やトラブルを引き起こすようなやり取りも無くなってくる。そんなときこそ変革を起こす行動が必要で顧客の期待を超えることができるチャンスなのだが、現状でそれなりに成果も出ているし、いま...続きを読む >

キャッチコピーもAIが考える時代になった

この日記ではゲーム、登山、写真、IT関係の記事はちょいちょい書いているのだが、実は私の現在の業種は「ライター」であり、文章を書くのが主な生業だったりする。なので、世の中のキャッチコピーや広告表現について、上から目線でドヤる日記にすることもできないわけではないのだが、この日記はほとんど文字校正をしておらず、ぶぁーーーっと勢いのみで執筆しているので、読み返したりしないのが基本なのだ。だから、改めて過去の...続きを読む >

久しぶりに会社に宿泊

ここ最近会社に泊まることがなかったのだが、仕事が忙しすぎてこの日は久しぶりに会社に泊まってしまった。いつでも泊まれるように洗顔用品とかお泊りグッズを置いといて良かった。ていうかよくよく考えたら、泊まるまで仕事するような会社にしか入ったことないんだけど、仕事自体は好きだから、普通に幸せです。このまま変わらないといいな〜と思いつつも、歳を重ねるごとに体がダルくなってきたり、肩こりが酷くなってきたりで、...続きを読む >

あまり知られていない「自律訓練法」

最近とても仕事が忙しくて、帰宅する時間が日をまたいでいることが多くなってきた。忙しい、忙しいと、忙しいアピールはしたくないものだが、本当に忙しいのだから仕方がない。「でも、日記更新する暇はあるんだね」と思われるかもしれないが、もうこの日記なんて週末の土日に1週間分まとめて更新しているだけだから!私は数年前からやっている「自律訓練法」私は忙しくなってくると、何から手を付けていいのか分からなくなり、目...続きを読む >

初心に戻る大切さ

珍しく仕事で大事にしていることを日記に書くことにする。それは、初心をいつまでも忘れないこと。これを心情としている。いままで色んな会社に行ってきたけれど、総じて失敗するのは大体社歴が長くなり、仕事に慣れてきて、それなりのベテラン扱いをされ始めたタイミング。調子に乗って「こんな感じでいいだろ」というやっつけ仕事からミスが起こり、周囲にたくさんの迷惑をかけてきた。だから私はいまの会社に入ってから、同じこ...続きを読む >

会社のクーラー寒すぎ問題

会社のクーラーが寒すぎる。そう感じる人は、きっと少なくないはずだ。男性はともかくとして、女性は特に多いはずだ。しかし、皆が涼しげに仕事をしているものだから、声を大にして言えないのだ。私はそう思って、「クーラー効き過ぎじゃないっすか!?」「クーラー寒ッ!クッソ寒い!」「うふぅ〜〜!さぁ〜〜むっ!!クーラーヤバいって!!」と、アピールしまくった。が、誰も同調してくれない。なぜ。もしかして私が風邪を引い...続きを読む >

熱意ある社員は

なんと、働く熱意のある社員は、わずか6%のみらしい。順位としても、139カ国中132という最低クラスという結果が出たようだ。→【悲報】日本終わってた。「熱意ある社員」はわずか6%のみ、139カ国中132位と最下位クラス(IT速報)私は職種柄、「働く」ということに日々向き合う仕事をしており、「働く」ことを題材に取材を行っているので、基本的にはポジティブな情報しか耳に入ってこない。しかし、目を外に向けてみると世の中的に...続きを読む >

【なんと】IBMがやめちゃったよ

ノマドワーカー、在宅勤務など、フレキシブルな働き方が国内で流行り始めている昨今。その働き方を推進し、牽引してきた大手外資企業が早速在宅勤務制度の廃止を行うようだ。→IBM: 在宅勤務制度の廃止を従業員に正式通達(BN)在宅勤務だとコミュニケーションのロスからチームワークが発揮できなくなり、社員全員が一丸と目標に向かえないとの理由から、通勤型へ一本化する見通しだ。在宅だと甘えが出てしまうのだろうか?私自身が...続きを読む >

お世話になった先輩の送別会

今日は先輩の送別会。私が入社当初からお世話になった方で、最初から最後までほとんどずっと同じチームで働いていた。社内ではマスコット的な存在感があるだけでなく、仕事をするうえでも高いスキルを持つ方だ。文章を書く、広告のアイデアを考えるという点においては、まさに制作ディレクターのベンチマークとも思っており、とても尊敬できる方だった。入社から長くお世話になっているので色々と感謝の気持ちを伝えたかったが、な...続きを読む >