【ハースストーン】レジェンドのために大切なこと

2020_0907-1.jpg

今月も死にものぐるいでレジェンドヒット!これで通算6カ月レジェンドと、我ながら凄い記録を打ち立てている。しかし、前の記事で書いたように、新環境になってから思うように勝てなくなってきた。気がする。

旧神以前からやっている身としては、実はいまが最もゲームバランスが取れているんじゃないか、と思えるほどすべてのヒーローが戦える環境だ。故に、メタの回転が非常に激しく、常に傾向と対策を練らないと一瞬で刈り取られる。そんなフィールドだ。

今回もダイヤ5からずっと同じデッキを使っていたのではなく、ピュアパラディン→フェイスハンター→ハイランダーハンターと色々なデッキを使いまわして勝利への糸口をどうにか見つけ出した感じだった。

デッキコード


聖典パラも、フェイスハンターも以下をベースに、2,3枚くらいちょこちょこ入れ替えているので、固定したこれというデッキは使っていない。

■聖典ピュアパラディン
AAECAZ8FBJuuA/y4A4TBA8PRAw3cA5yuA8q4A/24A+q5A+u5A+y5A8rBA57NA7/RA8DRA8rRA+DRAwA=
2020_0907-4.jpg

デッキガイドなんて大層なものを書ける身分ではないが、ピュアパラを使うときの注意点は明らかに不利なマッチアップは早々にコンシードすること。対プリは時間の無駄なので、当たらないことを祈るしか無い。

本当に偶然かもしれないが、時間帯によってプリの出没率がなんとなく変わることがわかった。深夜と早朝。これだ。プリが少ない時間帯。相手も相手で、眠い中ダラダラとプリなんかやりたくないという心理を推察した。逆に昼間はダメ。プリが多い気がする。

■フェイスハンター
AAECAR8C2wmHsAMOqAK1A4cE/gyfpQOipQP7rwP8rwP/ugPczAObzQOizgPG0QO50gMA
2020_0907-5.jpg

マリガンがとにかく大事。結局手札がカツカツなのは今までとあまり変わらないので、いい手札が来たらガッツポーズでガン攻め。悪い手札は相当頭を使わないと勝てない。諦めて脳筋プレイに走らなければちゃんと勝てる。

ではどんな初手を狙えばいいか。

2020_0907-2.jpg

たとえばこれ。後攻1ターン目の「図太い徒弟」→「コイン」→「カワイイ侵入者」が全然カワイクない。エグすぎる。

2020_0907-3.jpg

3ターン目でこの盤面だ。マジでふざけてる。今回のフェイスハンターの盤面形成はかなり強固だと感じる。破壊力がとにかく凄まじい。挑発重視のドルイドだって止められない。

あとは、どのデッキを使っても勝てないときはやっぱり勝てないもの。1/2の確率で負けるのが対戦ゲームなんだから、5連敗したら大人しく休憩に入ることが大切と改めて実感する。

「5回も負けたから6回目は勝てるだろ」なんて淡い期待を抱いてはいけない。きっと6回目も負ける。5連敗は「ゲームを休め」というブリザードからのペナルティだと思ってプレイすることにした。一回寝て、起きて、頭をスッキリさせてから再チャレンジだ。

そうしたら思考が整理されて、きっと勝てる。ヤケになってはいけないのだ。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

今月不調ですが休み休みやってみます!

2020/09/11 (Fri) 02:16 | tttt0604kkkk #- | URL | 編集
No title

>>tttt0604kkkkさん
私も今月はかなり不調です!!
不調のときは、休むに限りますよね。お互い頑張りましょう!

2020/09/13 (Sun) 06:42 | なりさこ #ut/oHyOM | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する